【シーアールイー(3458)の株主優待】クオカードをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法や取得コスト、利益シミュレーション。

「3458シーアールイー」の株主優待「クオカード」

引用元:CRE-2017決算説明会資料

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

3458 シーアールイー の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
3458シーアールイー
権利
確定月
1月末
7月末
権利付
最終日
2019年
1月28日(月)
単元株数100株株価1,016円
最低株数100株最低投資
金額
101,600円
優待内容クオカード
優待価値500円相当優待利回り1.48%
1株配当21.00円配当利回り2.07%
貸借区分信用優待+配当
利回り
3.55%
一般信用売
GMO
短期
200
一般信用売
カブコム
資料
作成日
2018年
12月28日(金)
個人判定C
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

クオカードを贈呈

  • 1月:100株以上…500円分
  • 7月:100株以上…1,000円分

 

関連記事 ⇒ クオカードの使えるお店や使い方、最も安い購入・入手方法をご紹介。

クオカードの使えるお店や使い方、最も安い購入・入手方法をご紹介。
クオカードが使えるお店は全国約57,000店。家計の節約に絶大な効果を発揮します。これまでに累計約200枚のクオカードを使ってきた私が、使えるお店や使い方、最も安い購入・入手方法などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

3458 シーアールイー の企業紹介

「3458シーアールイー」TOP

引用元:シーアールイーTOP

  • 東京都港区に本社を置き、2015年に上場。2019年1月現在は、東証1部 不動産業。
  • 物流センターや倉庫など、物流不動産に特化した事業を展開。
  • 一括借り上げ、管理・運営、開発、資産運用などトータルサービスを提供。

 

一般信用でのクロス取引の方法や利益シミュレーション

「おすすめ」から外さない理由

大納会の終値ベースで投資額10万円を超えてきたので、おすすめをやめようかとも思いましたが、思いとどまりました。

結論から言えば、コスト約280円利益約220円で、クロス優待ヤーからは無視されそうな数字ですが、

などなど、強引に理由をつけようと思えば、たくさん出てきますので、「おすすめ」からは外さない判断となっています。

 

スポンサーリンク

クロス取引の方法と利益シミュレーション

一般信用売りの在庫がGMOクリック証券にありますので利益シミュレーションはこちらで行います。

証券会社はGMOクリック証券、権利付最終日の前営業日、1月25日(貸株日数3日分)に、買いは現物、売りは一般信用でクロス取引、1月29日(火)の権利落ち日に現渡しすると仮定。(投資額:10.2万)
  • 現物買い手数料:105円
  • 一般信用売り手数料:140円
  • 一般信用 売方貸株料(3.85%・3日分):32円
  • クオカード 500円分-(105円+140円+32円)=223円(概算利益)

ちなみに、株価が1,000円を割ってくると利益が50円ちょっと増えます。

 

個人判定とまとめ

個人判定は【C】。

金券である「クオカード」という前提があってこその判断ですが、やらないと200円捨てた気になってしまうので、私は積極的に狙っていこうと思っています。

 

クオカード全般に関する記事はこちら

 

次のおすすめ株主優待はこちら

 

クロス取引可能なおすすめ厳選9銘柄はこちら

 

※記事内容は2018年12月28日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント