クオカードが使えるファミレスはデニーズのみ。すかいらーくグループの情報や相談窓口に問い合わせた結果などについて。

デニーズの日替わりランチ

引用元:デニーズ-日替わりランチ

スポンサーリンク

クオカードが使えるファミリーレストランは「デニーズ」だけ

2019年4月現在、QUOカードが使えるファミリーレストランは「Denny’s(デニーズ)のみとなっています。

「飲食店」にまで範囲を広げると、近年、全国的に店舗展開を行っている「上島珈琲店」や東京ディズニーリゾート オフィシャルホテル「サンルートプラザ東京」のレストランなどがありますが、ファミリーにとって少なからず敷居が高くなることは避けられません。

 

この記事では、以前利用可能だった「すかいらーくグループ」の小話、デニーズの店舗展開地域や相談窓口での問い合わせ結果、簡単なメニューなどをご紹介しています。

 

ガスト・バーミヤン・夢庵など すかいらーくグループでのクオカードの利用は終了しました。

2018年6月30日をもって、すかいらーくグループ(ガスト・バーミヤン・夢庵・グラッチェガーデンズ・藍屋など)でのクオカードの利用は終了しています

※終了したことが反映されていないWEBサイト・ブログが多いので記事にしています。

この件について、クオカード側に問い合わせたところ、わかったことが2点。

  • 一時的な話ではなく完全に終了していて、現状、復活の可能性がないこと。
  • ほかのファミリーレストランチェーンでの利用開始の話は、現在存在しないこと。

2018年12月の調査内容です。あくまで「現状」の話で、将来的には十分可能性はあると思いますが、現在、ファミリーレストランで利用できるのは「デニーズ」のみとなっています。

 

スポンサーリンク

デニーズの店舗展開と相談窓口に問い合わせた結果

全国の店舗展開状況

デニーズの店舗展開地域

引用元:デニーズ-店舗情報(お店を探す)

南は近畿地方、北は東北地方まで、店舗展開しています。

  • クオカードの公式WEBサイト:利用可能店舗数:380店(2018年1月現在)
  • 実際の店舗検索での店舗数:371店(2019年4月12日現在)

さらに詳しく(2019年4月現在の「端」の店舗)

  • 近畿 西端:兵庫県神戸市(湊川店)
  • 関東 南端:千葉県鴨川市(鴨川店)
  • 中部 北端:長野県長野市(長野東和田店)
  • 東北 北端:福島県福島市(福島西口店)

つまり、上記の地域に居住している または 訪問の可能性がある方以外は、デニーズでクオカードを利用することはできません。

 

お客様相談窓口に問い合わせた結果

また、相談窓口にも問い合わせてみました。得られた回答は、以下になります。

  • クオカードの利用は、店舗に来ていただくしか方法がない。
  • テイクアウトメニューでも店舗支払いであればクオカードが利用できる。
  • レジ周りの ガム・ぬいぐるみ などの支払いも合算してクオカードが利用できる。

との回答が得られました。(店舗ごとにルールが異なる可能性もありますので、利用の際はご自身でご確認ください。)

 

私は、関東地方に10年以上居住していた時期があります。デニーズは何度も訪れたことのある身近なファミレスだったので、「ガスト等では使えなくなってしまったけど、デニーズで使えばいいや」と一時期思っていました。(現在は九州居住で1店舗もありません。)

私のような方は稀でしょうが、転勤、Uターン、移住などで居住地域が変わった方はご注意ください。

 

スポンサーリンク

デニーズでのおすすめのクオカードの使い方(メニュー)

現在私は、デニーズに行くことができないので、デニーズのホームページを隅から隅まで閲覧してみました。

正直、お値段に引いております。。。が、節約サイトとしておすすめできるメニューがありました。それがこちら。

日替わりランチは、税別630円、テイクアウトの単品メニューも500円分のクオカードで足りるお値段です。

例えば、4人家族みんなで行くと、5,000円は覚悟しないといけませんが、このお値段なら手元にあるクオカードを使ってもいいかな?と思えました。(← 一般庶民である私個人の感覚です)

 

おわりに

今回は、ファミリーレストラン「デニーズ」でのクオカードの利用についてご紹介しましたが、クオカードの使い道は他にもたくさんあります。

 

これまでに300枚以上のクオカードを使ってきた筆者がおすすめするクオカードのお得な使い方はこちら

 

また、クオカード全般に関する記事はこちら

 

筆者が2018年12月に、株主優待で入手したクオカードの一覧はこちら

 

筆者がおすすめする、最も安いクオカードの入手方法、「株主優待クロス取引」シリーズ1回目の記事はこちら

 

クオカードの累計発行金額は、2018年に約1兆2,500億円に達したそうです。デジタル版の準備も進んでいます。株主優待導入企業は5年で3倍以上(120社→380社/2018年現在)に増えています。

※追記:2019年3月に「クオカードペイ」がリリースされています。

電子マネー全盛の現代日本において大健闘している「クオカード」。今後もその利用価値からは目が離せません。

 

※記事内容、数値等は、2019年4月現在のものです。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました