【ファルコHD(4671)】株主優待「クオカード1,000円分」が到着しました。

「4671」ファルコの株主優待「クオカード」

「クオカード 1,000円分」

スポンサーリンク

ファルコホールディングス(4671)の株主優待

優待内容詳細

 

関連記事 ⇒クオカードの使えるお店や使い方、最も安い購入・入手方法をご紹介。

クオカードの使えるお店や使い方、最も安い購入・入手方法をご紹介。
クオカードが使えるお店は全国約57,000店。家計の節約に絶大な効果を発揮します。これまでに累計約200枚のクオカードを使ってきた私が、使えるお店や使い方、最も安い購入・入手方法などをご紹介します。

 

優待品の到着時期、取得方法、取得コストなど

  • 到着日:12月7日(金)
    • 公式:「12月に送付いたします株主通信に同封~」
    • 公式発表通りに届きました。
  • 取得方法:クロス取引
    • 証券会社:GMOクリック証券
    • クロス日:9月14日(権利付最終日9/25・貸株料12日分)
    • 売買種別:現物買い + 一般信用(短期)売り」のクロス取引。
  • 取得コスト:314円
    • 投資金額:100株×1,811円=181,100円
    • 現物株式手数料:85円
    • 信用取引手数料:0円
    • 貸株料(3.85%・12日分):229円
    • 逆日歩:一般信用のため無し(参考:100株・3日分で1,125円)
      • 逆日歩1日分であれば利益が出てますが、3日分だと赤字です。
  • 概算利益:686円
    • クオカード1,000円分-取得コスト314円=686円

 

スポンサーリンク

株主優待レビュー

「4671ファルコ」株主優待到着時の書類

「株主通信」「配当金計算書」「優待品」

「4671」ファルコの株主優待「クオカード」2

クオカード 1,000円分

株主レビュー

株主通信、配当金計算書とともに優待品のクオカードが届きました。

特記事項はありません。

 

優待品レビュー

優待品としての「クオカード」をいかに普段の生活に役立てるか。

近くにデニーズがある、買いたい本がある、頻繁にコンビニで買物をするなど、使い道に困らない方は問題ありませんが、我が家のように、どれにも当てはまらない方やご家庭も多いのではないでしょうか。

最近はこのテーマについて、発行会社への問い合わせ、WEBサイトでの調査、実店舗への電話、実店舗での実地調査など、さまざまな方法で模索してきましたが、現在のところ最も効果的だと思われるのは、

  • ヤフオク!で販売することによる現金化。
  • マツモトキヨシでの食品、生活用品の購入。

この2つです。このうち、マツキヨでの販売商品の調査がこちら

マツキヨでの実際の買物がこちら

代金の支払いには、商品券を使ってますが、クオカードでも同じ買い物ができます。

 

他にわかっていることは、

  • すかいらーくグループでの利用が復活する話はないこと(2018.6で提携が終了してます)。
  • それに代わる飲食チェーン店の話は現在(2018.12)のところまったくないこと。
  • ヤフオク!ではほぼ額面通り、場合によっては額面金額以上でも落札されていること。

などです。ヤフオク!でのクオカードの販売に関しては改めて記事にしたいと思います。

 

おわりに

株主優待では、送る方にも、もらう方にも大人気の「クオカード」。

全国5万店近くのコンビニで利用できますが、使いやすいというだけで、無理やり使っているケースに心当たりがある方は、一度「マツモトキヨシ」をお試しください。

 

株主優待取得時の、銘柄の選び方、GMOクリック証券における一般信用売りの在庫推移、管理人のリアルな取得日、取得方法などを、日々更新しながらまとめた記事です。優待初心者の方には参考になると思います。

GMOクリック証券 一般信用売り 9月優待銘柄でクロス取引を解説

GMOクリック証券 一般信用売り 9月優待銘柄でクロス取引を解説
GMOクリック証券の一般信用売りを利用した、実際の「優待クロス取引」を公開します。銘柄選びやその検索方法、在庫数とその推移、貸株料の計算方法、注文銘柄や注文方法などをご紹介します。この記事では、今後数日にわたって情報の更新を行います。

 

優待初心者の方はこちらも

株主優待とは?優待品や優待クロス、権利日、現渡しについて解説!

株主優待とは?優待品や優待クロス、権利日、現渡しについて解説!
株主優待は、企業の株主還元のひとつで、株主はさまざまな優待品を受け取ることができます。また、優待クロス取引を学ぶことによって、ほとんどリスクのない優待取りが可能です。この記事では、優待品、優待クロス取引、権利付最終日や権利落ち日、現渡しについて解説しています。

 

記事の内容は2018年12月が基準となっています。

コメント