【ゼンショー(7550)】株主優待「優待食事券1,000円分」が到着しました。

「7550ゼンショー」株主様お食事ご優待券

「株主様お食事ご優待券」

スポンサーリンク

ゼンショー(7550) の株主優待

優待内容詳細

  • 100株以上:1,000円分(500円券×2枚)
  • 300株以上:3,000円分(500円券×6枚)
  • 500株以上:6,000円分(500円券×12枚)
  • 1,000株以上:12,000円分(500円券×24枚)
  • 利用可能店舗
    • すき家、ココス、宝島、エルトリート、牛庵、いちばん、ビッグボーイ、ヴィクトリアステーション、九兵衛屋、なか卯、はま寿司、ジョリーパスタ、華屋与兵衛(一部利用できない店舗あり)
  • 代替品について
    • 300株以上保有の株主は、定められた期間内に未使用で最新の優待券(切り離し無効)を返送すると、優待券3,000円分一冊につき、代替品1セットと代替が可能。【 公式

代替品の例

引用元:ゼンショー 株主優待 「代替品のご案内」より

 

優待品の到着時期、取得方法、取得コストなど

  • 到着日:12月6日(木)
    • 公式:「発送12月」
    • 公式発表通りに届きました。
  • 取得方法:クロス取引
    • 証券会社:GMOクリック証券
    • クロス日:9月14日(権利付最終日9/25・貸株料12日分)
    • 売買種別:現物買い + 一般信用(短期)売り」のクロス取引。
  • 取得コスト:390円
    • 投資金額:100株×2,246円=224,600円
    • 現物株式手数料:106円
    • 信用取引手数料:0円
    • 貸株料(3.85%・12日分):284円
    • 逆日歩:一般信用のため無し(参考:100株・3日分で450円)
  • 概算利益:610円
    • 優待食事券1,000円分-取得コスト390円=610円

 

スポンサーリンク

株主優待レビュー 食事券:1,000円分

「7550ゼンショー」優待品到着時の書類

「中間報告書」「配当金計算書」「株主アンケート」「優待品」

「7550ゼンショー」優待食事券と案内書

「食事優待券」「優待券の案内書」

株主レビュー

中間報告書、配当金計算書、株主アンケートとともに優待品の食事優待券と案内書が届きました。

「~優待券のご案内」には、優待券が利用できる店舗の、WEBサイトでの調べ方が掲載されていますが、内容が間違っています。

おそらくWEBサイトの変更に案内書が対応できていないのだと思われます。従業員が約600人いますが、誰も気づかない、指摘しないのはマイナスポイントです。

 

優待品レビュー

優待内容が変更になってからは、ガッカリ感が強く印象に残ってしまい、取得から遠のいていた銘柄です。覚えている方も多いと思いますが、以前は3,000円分だったものが1,000円分になってしまいました。

既にヤフオク!では、今回取得した株主のものと思われる優待券がかなりの量出品されており、落札価格はおよそ9割です。

私は、近所にすき屋とココスがありますので、家族に聞いてどちらで利用するか決めようと思います。

 

おわりに

優待価値が減額されたとはいえ、権利は年に2回。クロス取引や一般信用取引を利用すれば、わずかなコストで取得できるケースがありますので、今後も取得を狙いたい銘柄です。

 

株主優待取得時の、銘柄の選び方、GMOクリック証券における一般信用売りの在庫推移、管理人のリアルな取得日、取得方法などを、日々更新しながらまとめた記事です。優待初心者の方には参考になると思います。

GMOクリック証券 一般信用売り 9月優待銘柄でクロス取引を解説

GMOクリック証券 一般信用売り 9月優待銘柄でクロス取引を解説
GMOクリック証券の一般信用売りを利用した、実際の「優待クロス取引」を公開します。銘柄選びやその検索方法、在庫数とその推移、貸株料の計算方法、注文銘柄や注文方法などをご紹介します。この記事では、今後数日にわたって情報の更新を行います。

 

優待初心者の方はこちらも

株主優待とは?優待品や優待クロス、権利日、現渡しについて解説!

株主優待とは?優待品や優待クロス、権利日、現渡しについて解説!
株主優待は、企業の株主還元のひとつで、株主はさまざまな優待品を受け取ることができます。また、優待クロス取引を学ぶことによって、ほとんどリスクのない優待取りが可能です。この記事では、優待品、優待クロス取引、権利付最終日や権利落ち日、現渡しについて解説しています。

 

記事の内容は2018年12月が基準となっています。

コメント