【6055 ジャパンマテリアル】株主優待「クオカード1,000円分」が到着しました。

6055ジャパンマテリアルの株主優待

実際に届いた優待品と株主通信を撮影

スポンサーリンク

6055 ジャパンマテリアル の株主優待

優待内容詳細

  • 対象となる株主:毎年9月30日現在の株主名簿に記録された、100株以上を保有している株主。
  • 優待内容:保有株式数に応じてクオカードを贈呈。
  • 100株以上:1,000円分
  • 1,000株以上:3,000円分
  • 5,000株以上:5,000円分

 

優待品の到着時期、取得方法、取得コストなど

  • 到着日:11月22日(木)
    • 9月末権利銘柄なので、2カ月弱で届いたことになり、かなり早い方だと思います。これだけで判断なんてできませんが、少なくともこの件で「株主」がないがしろにされていることはありません。
  • 取得方法:クロス取引
    • GMOクリック証券で、権利付最終日の4日前(貸株料5日分)に、「現物買い + 一般信用(短期)売り」のクロス取引。
  • 取得コスト:182円
    • 投資金額:100株×1,461円=146,100円
    • 現物株式手数料:105円
    • 信用取引手数料:0円
    • 貸株料(3.85%・5日分):77円
    • 逆日歩:一般信用のため無し(参考:逆日歩発生せず)
  • 概算利益:818円
    • クオカード1,000円分-取得コスト182円=818円

 

スポンサーリンク

株主優待レビュー

6055ジャパンマテリアル-届いたクオカード

届いたクオカード

6055ジャパンマテリアル-クオカード見本

株主通信のクオカード見本

株主レビュー

業績のハイライトや事業内容の状況を掲載した株主通信、「株主様ご優待券 在中」の封筒、代表者のあいさつ文とともにクオカードが届きました。

株主を大事にしているしっかりとした企業だという印象を受けました。

 

優待品レビュー

色合いが違いますが、見本とまったく同じクオカードが届きました。

クオカードが使えるお店は、コンビニ・本屋など全国約57,000店。日本国中でさまざまな世代が利用できる優待品として、申し分ございません。

 

関連記事 ⇒クオカードの使えるお店や使い方、最も安い購入・入手方法をご紹介。

 

おわりに

クオカードは、すかいらーくグループで使えなくなってしまったのが残念ですが、それでもコンビニ約48,000店、書店1,000店以上、マツモトキヨシ、デニーズなどで利用できますので、来年もしっかりと取得を目指したいと思います。

 

株主優待取得時の、銘柄の選び方、GMOクリック証券における一般信用売りの在庫推移、管理人のリアルな取得日、取得方法などを、日々更新しながらまとめた記事です。優待初心者の方には参考になると思います。

GMOクリック証券 一般信用売り 9月優待銘柄でクロス取引を解説

GMOクリック証券 一般信用売り 9月優待銘柄でクロス取引を解説
GMOクリック証券の一般信用売りを利用した、実際の「優待クロス取引」を公開します。銘柄選びやその検索方法、在庫数とその推移、貸株料の計算方法、注文銘柄や注文方法などをご紹介します。この記事では、今後数日にわたって情報の更新を行います。

 

記事の内容は2018年11月が基準となっています。

コメント