【2018年】11月株主優待のおすすめ【1419 タマホーム】優待品は人気のQUO(クオ)カード

1419タマホーム-株主優待の説明とロゴマーク

引用元:タマホーム-株主通信を編集

この記事は、株主優待の獲得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

1419 タマホーム の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
1419タマホーム
権利
確定月
5月末
11月末
権利付
最終日
2018年
11月27日(火)
単元株数100株株価1,110円
最低株数100株最低投資
金額
111,000円
優待内容いずれか1つを選択 ①グループで利用可能な優待券 ②特製クオカード ③「緑の募金」への寄付
優待価値500円相当優待利回り0.90%
1株配当45.00円配当利回り4.05%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
4.95%
一般
信用売
GMOカブコムSBI
短期○なし短期▲
資料
作成日
2018年
10月26日(金)
個人判定C
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

①から③の内、いずれかひとつを選択。

①グループ各社で利用可能な優待券

  • 住宅(注文・分譲・賃貸)の購入時またはリフォーム時に一定の割合で割引。
    • 住宅購入時:税抜建物本体価格からの割引
    • リフォーム時:税抜請負金額100万円以上の工事限定
  • 100株以上…保有期間3年未満:1%割引 保有期間3年以上:2%割引
  • 1000株以上…保有期間3年未満:2%割引 保有期間3年以上:4%割引
  • 10,000株以上…保有期間3年未満:3%割引 保有期間3年以上:6%割引

 

②株主限定 特製クオカード

  • 100株以上…保有期間3年未満:500円分 保有期間3年以上:1,000円分

 

関連記事 ⇒ 【クオカード】使えるお店はコンビニ・本屋など全国約57,000店

クオカードの使えるお店や使い方、最も安い購入・入手方法をご紹介。
クオカードが使えるお店は全国約57,000店。家計の節約に絶大な効果を発揮します。これまでに累計約200枚のクオカードを使ってきた私が、使えるお店や使い方、最も安い購入・入手方法などをご紹介します。

 

③社会貢献活動への参加(寄付)

  • 公益社団法人国土緑化推進機構「緑の募金」に対する寄付(②記載の優待品相当額)

 

スポンサーリンク

1419 タマホーム の企業紹介

1419タマホームの住宅施工イメージ

引用元:タマホームWEBサイトより

私の住む、福岡発祥の企業です。会社が大きくなっていく様子を近くで見ていたので、「ここまで来たか」と感慨深いものがあります。

まだ、福岡市内に進出して間もない2000年代に、住宅展示場に行ったことがあります。当時の注文住宅は、お世辞にも「洗練されている」とは言えないものの、強烈に印象に残っていることがひとつあります。

それは「安さ」。たしか、坪単価24.8万円だったと記憶してますが、他のハウスメーカーは安くても4~50万円、名の知れているメーカーは6~70万なのに対して半額以下でした。

その後は、その安さを武器に全国に進出し、CMにキムタク氏を起用したあたりで全国区となったのは誰もが知るところであります。

 

個人判定【C】

本日、10月26日の終値ベースで、最低投資金額は約11万円。優待品がクオカード500円分の場合、優待利回り(2回分)は0.9%と結構高めです。でも500円。

 

関連記事 ⇒ 【クオカード】使えるお店はコンビニ・本屋など全国約57,000店

 

なぜ500円分の優待なのに「おすすめ」に出てきたか。それは11月権利の銘柄で、クロス可能なおすすめの優待が少ないからです!それともう一つ。こっちの方が大事なんですが、今年は、ほぼ確実に利益が出せるからです。

結論から言うと約400円。やるやらないは自由ですが、もちろん私はやります。

 

10月26日現在、GMOクリック証券に一般信用売りの在庫があるので、2018年末まで行われている「一般信用取引 手数料無料キャンペーン」を使います。クロスにも現物を使わず、一般信用同士で挟みます。

  • 投資金額11万円、権利付最終日より1週間前の11月20日(貸株日数8日)に、買いも売りも一般信用取引でクロス、その日のザラバ中に買建玉を現引きし、権利落ち日に現渡しすると仮定。
    • 信用買い手数料 + 信用売り手数料:0円 + 0円 = 0円
    • 買方金利1日分 + 貸株料8日分:9円 + 92円 = 101円
    • クオカード500円分 - 101円 = 399円(概算利益)

一般信用売りなので、逆日歩は発生しません。残る問題は、11月20日の時点で在庫があるかどうかですが、これまでの雰囲気で言うと、残っている確率が高いと感じているので、400円の利益でも積極的に狙っていこうと思っています。

もちろん、住宅の購入やリフォームをタマホームに依頼する場合は絶対に取得すべきです。確実に数万円~数十万円の割引が受けられます。

 

ということで、1419 タマホームの株主優待、個人判定は【C】となりました。

 

次のおすすめ株主優待はこちら

【2018年】11月株主優待のおすすめ【1430 ファーストコーポレーション】優待品は人気のQUO(クオ)カード

【2018年】11月株主優待のおすすめ【1430 ファーストコーポレーション】優待品は人気のQUO(クオ)カード
11月権利おすすめの株主優待【1430 ファーストコーポレーション】について、クロス取引に必要な情報や詳しい優待内容、企業紹介、優待取りにおける個人的見解、ランク判定などを記事にしています。優待品は人気のクオカードです。

 

おすすめ厳選10銘柄はこちら

【2018年】11月株主優待 クロス取引可能なおすすめ厳選10銘柄!証券会社別の在庫・手数料・金利・貸株料率つき。

【2018年】11月株主優待 クロス取引可能なおすすめ厳選10銘柄!証券会社別の在庫・手数料・金利・貸株料率つき。
2018年11月権利、おすすめの株主優待です。個人的に厳選した10銘柄で、記事執筆時点で、すべてクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、全銘柄、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2018年10月26日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント