【コカ・コーラBJHD(2579)の株主優待】グループ製品詰合せ!クロス取引での取得方法とコストシミュレーション

コカ・コーラの株主優待「製品詰合せ」

【コカ・コーラBJHDの株主優待】

 

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス(2579)の株主優待

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス(2579)の基本情報

コード2579銘柄名コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス
権利確定
月日
12月末日権利付
最終日
2019年12月26日
単元株数100株株価2,813円
最低株数100株最低
投資金額
281,300円
優待内容製品詰合せ
(株主優待ポイント)
優待価値2,700円相当
優待
利回り
0.96%
1株配当50.00円配当
利回り
1.78%
貸借区分貸借優待配当
利回り
2.74%
発行済
株式数
2.06億株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年12月13日注意事項※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス(2579)の株主優待内容

  • 株主優待制度の変更および廃止に関するお知らせ
    • 2019年12月16日付で、今回の優待内容の変更と今回で優待廃止との発表がありました。最後となる今回の優待内容は、「100株で2,700円相当」が「100株で1,000円相当」と、かなりショッキングな内容となっています。詳しくは、上記リンクでご確認ください。

 

毎年12月31日現在で100株以上保有する株主に対し、保有株式数と保有期間に応じて、「株主優待ポイント」を翌年3月下旬に贈呈。長期保有株主には、保有株式数に応じて、長期保有優遇ポイントを贈呈。

  • 100株以上
    • 3年未満:45ポイント
    • 3年以上:75ポイント
  • 500株以上
    • 3年未満:60ポイント
    • 3年以上:105ポイント
  • 1,000株以上
    • 3年未満:90ポイント
    • 3年以上:150ポイント
  • 5,000株以上
    • 3年未満:180ポイント
    • 3年以上:300ポイント

「株主優待ポイント」(1ポイント60円相当)は、株主優待サイトや商品カタログの中から、コカ・コーラ社製品詰合せや社会貢献活動への寄付など、好きな株主優待商品と交換可能。

 

スポンサーリンク

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス(2579)の企業紹介

 

コカ・コーラ-ロゴ

引用元:コカ・コーラBJHD

  • 商号:コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス株式会社
  • 設立:1960年 上場:1994年
  • 本社:東京都 業種:食料品
  • 傘下の日本最大のボトラー社であるコカ・コーラボトラーズジャパン(株)の対応エリアは1都2府35県。
  • 飲料事業の売上高において、世界に250以上あるボトラー社の中で、アジア最大。
  • ヘルスケア商品販売の「キューサイ(株)」も傘下に。

 

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス(2579)の株主優待をクロス取引で取得する方法とコストシミュレーション

クロス取引の前に最低限の数値DATA等を把握

  • 直近の株価水準での最低投資金額は25~30万円
  • 貸借銘柄で制度クロスも可
  • 過去の100株あたりの逆日歩
    • 2016年12月…5日分:375円
    • 2017年12月…6日分:120円
    • 2018年12月…7日分:70円
    • 2019年12月…逆日歩7日分
  • 発行済株式数:約2億株
  • 一般信用売りの在庫(12月13日現在)
    • auカブコム証券:「長期」35万株
    • GMOクリック証券:なし
    • SBI証券:「短期」余裕あり
    • SMBC日興証券:なし
    • 楽天証券:「無期」3,600株

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • カブコムには常に大量の一般信用長期売りの在庫があります。
  •  一般売りサービスを行うネット証券には、ほぼ間違いなく在庫があります。
    • 12/13現在、なぜかGMOには無し。
  • 終盤での取得が計算できる貴重な優待です。

 

コストシミュレーションは、コスパの良い100株のみ。信用事務管理費がかからなくなる11/27から。←やりなおし

  • auカブコム証券では、12月16日約定分から、信用取引手数料、買方金利、売方貸株料、品受・品渡 事務手続き料が変更・新設されます。(商品概要/2019年12月13日以降更新)。
  • また、12月13日までに「買い」と「売り」の手数料を支払ってクロス取引を行い、同一銘柄の「現物株式」と「一般信用売建玉」を保有している場合でも、12月27日権利落ち日の品渡で、再度「事務手続き料」がかかるようです。
  • したがって、下記カブコムのコストシミュレーションは、以下の条件でコストを算出しています。
    • 12月16日以降の約定(信用手数料無料)
    • 約定代金10万円以下は現物買い(99円・金利なし・品受料なし)
    • 約定代金10万円超は一般信用買い(金利:3.79%・品受料あり)
      • 約定日当日に品受するので金利は1日分
    • 売りはすべて一般信用「長期」売り(貸株料率2.25%・品渡料あり)
      • 貸株日数分の貸株料が必要
    • 品受・品渡 事務手続き料は建玉金額による段階制

 

スポンサーリンク

 

  • GMOクリック証券・auカブコム証券 共通
    • クロス:「一般信用買い」×「一般信用(短期または長期)売り」+「クロス当日に買建玉を現引または品受
    • 12月27日の権利落ち日に現渡または品渡
    • GMO コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
    • カブコム コスト=品受料+品渡料+金利+貸株料
投資金額270,000円280,000円290,000円
証券会社GMOKcomGMOK.comGMOKcom
クロ
ス日
貸株
日数
一般一般一般一般一般一般
一般一般一般一般一般一般
12/1620日分9587579807701,002784
12/1719日分930740950753971766
12/1818日分901724921736940748
12/1915日分816674832684849694
12/2014日分788657803667818676
12/2313日分759640773649788659
12/2412日分731624744632757641
12/2511日分702607714615726623
12/268日分617557626563635569

※数値は概算

【コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス(2579)の株主優待】グループ製品詰合せ!まとめ

  • 株主優待制度の変更および廃止に関するお知らせ
    • 2019年12月16日付で、今回の優待内容の変更と今回で優待廃止との発表がありました。最後となる今回の優待内容は、「100株で2,700円相当」が「100株で1,000円相当」と、かなりショッキングな内容となっています。詳しくは、上記リンクでご確認ください。
  • コカ・コーラBJHDの株主優待は、100株で2,700円相当のグループ製品詰合せ。
    • コーラ・ファンタ・アクエリ・爽健美茶など
  • 一般信用売りの在庫が豊富で、カブコムなら最終日が狙えるほど。コストは600円、1本33円くらい。
  • 毎年逆日歩が発生している制度クロスは、選択肢に入れる必要なし。

 

おすすめ全銘柄一覧はこちら

【2019年】12月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!

人気ランキングはこちら

【12月 株主優待】人気ランキング(クロス取引編)

 

※記事内容は、2019年12月13日が基準となっています。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました