【GMOインターネット(9449)の株主優待】をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法とコストシミュレーション。

GMOインターネット株主優待の代表例

引用元:GMOインターネット-株主優待

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

GMOインターネット(9449)の株主優待情報

基本情報

コード9449銘柄名GMO
インターネット
権利確定
月日
6月末日・12月末日権利付
最終日
2019年6月25日
単元株数100株株価1,642円
最低株数100株最低
投資金額
164,200円
優待内容くまポンギフト券
売買手数料CB
利用料の割引
など
優待価値5,000円相当
優待
利回り
6.09%
1株配当32.00円配当
利回り
1.95%
貸借区分貸借優待配当
利回り
8.04%
一般売
GMO
たぶんなし一般売
カブコム
長期:約20万株
発行済
株式数
1.15億株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年5月24日注意※最新情報では
ありません。
※数値は概算
  • 「優待価値:5,000円相当」は、優待内容の中で代表的な「GMOクリック証券における売買手数料のキャッシュバック」の上限金額を指しています。

 

株主優待内容の詳細

100株以上で株主優待の権利取得。「株主優待サイト」での申請が必要で、その際、「株主番号」「郵便番号」「GMO ID(メールアドレス)」の登録が必要。

  • GMOくまポンギフト券…2,000円分(500円分×4枚)
    • 割引クーポン共同購入サイト「くまポン」で利用可能。
    • 買い物金額に関係なく、1度の買い物ごとに1枚(500円分)のギフト券が利用可能。
  • 「GMOインターネット」株式の買付手数料相当額をキャッシュバック
    • GMOクリック証券における「GMOインターネット」株式について、対象期間中に生じた買付手数料相当額をキャッシュバック。
    • 対象取引:現物買い、信用新規買い、信用返済買い
      • 現物売り、信用新規売り、信用返済売り は対象外
  • 売買手数料5,000円(上限)をキャッシュバック
    • GMOクリック証券で、対象期間中に生じた売買手数料を、5,000円を上限にキャッシュバック。
    • 対象取引:現物取引、信用取引、先物・オプション取引、FXネオ取引、くりっく365取引、投資信託
      • 信用取引の金利、貸株料、逆日歩などの諸経費は対象外。
  • グループの各種サービス利用料5,000円分
    • グループで提供しているサービスの、対象期間中の利用料を、5,000円を上限に割引。
      • 適用サービスの例:インターネット接続「とくとくBB」、ドメイン取得「お名前.com」など

※詳しい優待内容はこちら《 GMOインターネット-株主優待

 

スポンサーリンク

GMOインターネット(9449)の企業紹介

9449GMOインターネット-事業内容・サービス

引用元:GMOインターネット-TOP

  • 設立:1991年 上場:1999年 本社:東京都 業種:情報・通信業
  • 2018年現在、総企業数100社を超える「GMOインターネットグループ」を率いるのが「GMOインターネット株式会社」。

グループの主力事業はインターネットインフラ事業で、売上の5割以上を占めており、代表的な身近なサービスでは、ドメイン登録の「お名前.com」があります。

インターネット金融事業には、ある意味、我々にとってもっとも身近な存在である「GMOクリック証券」があります。

これら100を超えるGMOインターネットグループの持株会社(管理・支配会社)が、「9449 GMOインターネット株式会社」です。

1991年の会社設立から、わずか20数年で日本を代表する総合インターネットサービスグループとなりました。

 

一般信用でのクロス取引の方法とコストシミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 5月24日の終値ベースで投資金額は約16.5万円
  • 優待価値5,000円相当での優待利回りは、年1回分で約3%と高水準
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間、100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年6月…1日分:0円
    • 2017年6月…3日分:60円
    • 2018年6月…3日分:15円
    • 2019年6月は逆日歩3日分。
  • 発行済株式数は約1.15億株。
  • 一般信用売りの在庫は、5月24日現在、
    •  カブドットコム証券:「長期」約20万株。
    • GMOクリック証券:大人の事情で永遠に出ないかも。
    • SBI証券:「短期」余裕あり。

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 5月13日現在
    • カブドットコム証券には20万株という大量の一般信用売りの在庫があります。転売できない優待なので、そう簡単には無くなりません。
    • GMOクリック証券では、おそらく在庫は解放されないと思われます。前回も出なかったので。
  • 5月24日
    • 動きなし。

カブコム抽選の参考記事はこちら

【カブドットコム証券で株主優待】一般信用売建の在庫確認、抽選申込み、スケジュール、仕組み、ルールなどについて

 

スポンサーリンク

 

  • カブドットコム証券
    • クロス:「制度信用買い」×「一般信用(長期)売り」+「クロス当日に買建玉を品受
    • 6月26日の権利落ち日に品渡
    • コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
投資金額150,000円170,000円190,000円
証券会社GKGKGK
クロ
ス日
貸株
日数
現物制度現物制度現物制度
一般一般一般一般一般一般
6/1019 419 437 454
6/1118 413 430 446
6/1215 395 409 423
6/1314 389 402 415
6/1413 382 395 407
6/1712 376 388 399
6/1811 370 381 391
6/198 352 360 368
6/207 345 353 360
6/216 339 346 352
6/245 333 339 345
6/254 327 332 337

※数値は概算

おわりに

優待内容はGMOクリック証券ユーザーに偏ってますし、手元に金券や優待券が来ないので実感が湧きにくい優待ではありますが、ユーザーにとってはかなり大きな利益になる優待です。

数年前からカブコムの在庫状況を見てますが、権利付最終日だからと言って枯渇したところを見たことがありません。

しかし、2018年からGMOでも一般信用売りサービスが始まって間もなく1年になりますので、カブコムの抽選倍率がどうなるのか、個人的にはちょっとだけ注目しています。

 

6株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】6月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。

【2019年】6月株主優待 クロス取引可能なおすすめ26銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年6月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年5月24日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました