【GMOインターネット(9449)の株主優待】各種キャッシュバック!クロス取引での取得方法とコストシミュレーション。

GMOインターネット-株主優待のご案内

GMOインターネット「株主優待のご案内」

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

GMOインターネット(9449)の株主優待情報

基本情報

コード9449銘柄名GMOインターネット
権利確定
月日
6月末日・12月末日権利付
最終日
2019年12月26日
単元株数100株株価1,858円
株数100株最低
投資金額
185,800円
優待内容自社サービス
における各種
キャッシュバック
優待価値5,000円相当
優待
利回り
5.38%
1株配当30.00円配当
利回り
1.61%
貸借区分貸借優待配当
利回り
7.00%
発行済
株式数
1.13億株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年9月6日注意※最新情報では
ありません
※数値は概算
  • 「優待価値:5,000円相当」は、優待内容の中で代表的な「GMOクリック証券における売買手数料のキャッシュバック」の上限金額を表示しています。

 

株主優待内容の詳細

毎年6、12月末日の株主名簿及び実質株主名簿に記載された100以上所有の株主に対し、「株主優待のご案内」を郵送にて送付。

優待内容を利用するためには、株主優待サイトにおいて、優待申請期間内に事前登録の手続きが必要。

  • 基準日 6月末日:優待申請期間 10月1日~翌年3月31日
  • 基準日 12月末日:優待申請期間 4月1日~9月30日

公式:GMOインターネット-株主優待(上期)

 

GMOくまポンギフト券2,000円分

割引クーポン共同購入サイト「くまポン」で利用可能なギフト券。お取り寄せグルメや飲食店などの商品・サービスで利用可能なクーポンをお買得価格で(割引率50%以上が中心)購入可能。

  • 100株以上:くまポンギフト券…2,000円分(500円分×4枚)
  • 利用条件:買物金額に関係なく、1度の買物ごとに1枚(500円分)利用可能。
  • 有効期限:《6月末日》10月1日~翌年3月31日 《12月末日》4月1日~9月30日

 

「GMOインターネット」株式買付手数料相当額をキャッシュバック

GMOクリック証券の証券口座で対象期間中に「GMOインターネット株式会社の株式」の買い付けに生じた手数料相当額をキャッシュバック。

  • 100株以上:買付手数料相当額のキャッシュバック
  • 対象取引:現物買付取引、信用新規買取引、信用返済買取引
    • 現物売却取引、信用新規売取引、信用返済売取引は対象外。
    • 対象期間中に支払いが確定した手数料のみが対象。
  • 対象期間:《6月末日》10月1日~翌年3月31日 《12月末日》4月1日~9月30日

 

GMOクリック証券における売買手数料5,000円(上限)をキャッシュバック

GMOクリック証券で対象期間中に生じた売買手数料※合計額のうち、5,000円を上限にキャッシュバック。※GMOインターネット株式買付手数料を除く。

  • 100株以上:売買手数料5,000円(上限)をキャッシュバック
  • 対象取引:現物取引、信用取引、先物・オプション取引、投資信託、FXネオ取引、くりっく365取引
    • 信用取引の金利・諸費用(貸株料・逆日歩・信用管理費・名義書換料)は対象外。
    • 対象期間中に支払いが確定した手数料のみが対象。
  • 対象期間:《6月末日》10月1日~翌年3月31日 《12月末日》4月1日~9月30日

 

グループの各種サービス利用料5,000円分

GMOインターネット及びGMOインターネットグループで提供しているサービスの対象期間中の利用料5,000円分(上限)を割引。

  • 100株以上:各種サービスの利用料5,000円分

 

スポンサーリンク

GMOインターネット(9449)の企業紹介

GMOインターネット-TOP

引用元:GMOインターネット-TOP

  • 設立:1991年 上場:1999年 本社:東京都 業種:情報・通信業
  • 2019年6月現在、総企業数111社の「GMOインターネットグループ」を率いるのが「GMOインターネット株式会社」。
  • 世界22か国、68拠点で事業展開。
  • 主力のインターネットインフラサービスでは、利用件数が1,000万件を突破。

 

一般信用でのクロス取引の方法とコストシミュレーションなど

クロス取引前に最低限の数値DATAを把握

  • 直近の株価水準での投資金額は18万円前後。
  • 貸借銘柄で制度クロスも可。過去の100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年12月…5日分:0円
    • 2017年6月…3日分:60円
    • 2017年12月…6日分:0円
    • 2018年6月…3日分:15円
    • 2018年12月…7日分:0円
    • 2019年6月…3日分:15円
    • 2019年12月は逆日歩7日分
  • 発行済株式数は約1.13億株。
  • 一般信用売りの在庫は、9月6日現在、
    •  カブドットコム証券:「長期」20万株超
    • GMOクリック証券:大人の事情で永遠に出ないかも
    • SBI証券:「短期」残りわずか
    • SMBC日興証券:約1.5万株

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 9月6日現在
    • カブコムの一般長期在庫は長い間見慣れた数字で20万株超。最近、どの基準日でも在庫の枯渇を見てません。
    • GMOでは他のGMOグループ上場企業同様、在庫は出現したことがありません。つまり、GMOでは一般クロスはできず、制度クロスのみになります。

 

  • コストシミュレーションは、枯渇を見たことがないので終盤で。

 

スポンサーリンク

 

  • カブドットコム証券
    • クロス:「一般信用買い」×「一般信用長期売り」+「クロス当日に買建玉を品受」
    • 12月27日の権利落ち日に品渡
    • コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
投資金額160,000円180,000円200,000円
証券会社GMOKcomGMOKcomGMOKcom
クロ
ス日
貸株
日数
一般一般一般
一般一般一般
11/2739日分565598632
11/2836日分545576607
11/2935日分538569599
12/234日分532561591
12/333日分525554583
12/432日分519546574
12/529日分499524550
12/628日分492517541
12/927日分486509533
12/1026日分479502525
12/1125日分473495517
12/1222日分453472492
12/1321日分446465484
12/1620日分440458476
12/1719日分433450467
12/1818日分427443459
12/1915日分407421435
12/2014日分400413426
12/2313日分394406418
12/2412日分387399410
12/2511日分381391402
12/268日分361369377

※数値は概算

おわりに

同じ12月優待の「7177 GMOフィナンシャルHD」と合わせて、GMOクリック証券ユーザーは何としても取得したい優待です。

それほど取引が多くない方の場合、ほとんど取引手数料は無料になるのではないでしょうか。

関連記事:【GMOクリック証券】の株式手数料と実質無料で売買する方法

【GMOクリック証券】の株式手数料と実質無料で売買する方法
GMOクリック証券ユーザー歴13年の筆者が、その人気の一端である「株式取引手数料」と、そのままでも安い手数料をさらに安く、一定の範囲であれば、実質「無料」で売買できる具体的な方法をご紹介します。

 

おすすめ全銘柄一覧はこちら

【2019年】12月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!

人気ランキングはこちら

【12月 株主優待】人気ランキング(クロス取引編)

 

※記事内容は、2019年9月6日が基準となっています。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました