【内外トランスライン(9384)の株主優待】カタログ商品が選択できる!クロス取引での取得方法とコストシミュレーション

内外トランスラインの株主優待

引用元:内外トランスライン-株主通信

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

内外トランスライン(9384)の株主優待

内外トランスライン(9384)の基本情報

コード9384銘柄名内外トランスライン
権利確定
月日
12月末日権利付
最終日
2019年12月26日
単元株数100株株価1,530円
最低株数100株最低
投資金額
153,000円
優待内容カタログから
商品選択
優待価値1,500円相当
優待
利回り
0.98%
1株配当34.00円配当
利回り
2.22%
貸借区分貸借優待配当
利回り
3.20%
発行済
株式数
1,069万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年12月13日注意事項※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

内外トランスライン(9384)の株主優待内容

12月31日現在、100株以上を保有している株主が対象。保有株式数に応じて商品(カタログより選択)または社会貢献団体へ寄付。

  • 100株以上…1,500円相当
  • 200株以上…2,500円相当
  • 4,000株以上…5,000円相当

公式:内外トランスライン-株主優待

 

スポンサーリンク

内外トランスライン(9384)の企業紹介

内外トランスライン-株主通信

引用元:内外トランスライン-株主通信

  • 商号:内外トランスライン株式会社
  • 設立:1980年 上場:2008年
  • 本社:大阪府大阪市 業種:倉庫・運輸関連業
  • 輸出入海上混載輸送サービス、輸出入海上フルコンテナ輸送サービスなど、国際貨物輸送を主たる事業とする。
  • 近年は、通関サービスや倉庫サービスにも注力。
  • 国内主要都市(東京・横浜・名古屋・大阪・神戸・福岡)に事業所、海外にも代理店・現地法人多数。

 

内外トランスライン(9384)の株主優待をクロス取引で取得する方法とコストシミュレーション

クロス取引の前に最低限の数値DATA等を把握

  • 直近の株価水準での最低投資金額はおよそ14万円
  • 貸借銘柄で制度クロスも可
  •  過去の100株あたりの逆日歩
    • 2016年12月…5日分:4,800円
    • 2017年12月…6日分:240円
    • 2018年12月…7日分:70円
    • 2019年12月…逆日歩7日分
  • 発行済株式数:約1,069万株
  • 一般信用売りの在庫(12月13日現在)
    • auカブコム証券:「長期」1,000株(抽選時)
    • GMOクリック証券:なし
    • SBI証券:なし
    • SMBC日興証券:なし
    • 楽天証券:なし

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 例年、一般信用売りの在庫が少ない銘柄で、カブコムでは昨年、わずかに数万株が解放されたのみ。
  • 昨年は、SBI・GMOでも在庫解放。
  • 昨年の例で言うと、注文が入ったりキャンセルが入ったりで、常に在庫が流動的だった銘柄です。迷いどころの多い優待のようです。
  • 10月18日現在
    • GMOに上限200株で一般在庫出現。

 

コストシミュレーションは、100株と200株。信用事務管理費が1ランク下がる10/28から。←直近の数字でやり直し

  • auカブコム証券では、12月16日約定分から、信用取引手数料、買方金利、売方貸株料、品受・品渡 事務手続き料が変更・新設されます。(商品概要/2019年12月13日以降更新)。
  • また、12月13日までに「買い」と「売り」の手数料を支払ってクロス取引を行い、同一銘柄の「現物株式」と「一般信用売建玉」を保有している場合でも、12月27日権利落ち日の品渡で、再度「事務手続き料」がかかるようです。
  • したがって、下記カブコムのコストシミュレーションは、以下の条件でコストを算出しています。
    • 12月16日以降の約定(信用手数料無料)
    • 約定代金10万円以下は現物買い(99円・金利なし・品受料なし)
    • 約定代金10万円超は一般信用買い(金利:3.79%・品受料あり)
      • 約定日当日に品受するので金利は1日分
    • 売りはすべて一般信用「長期」売り(貸株料率2.25%・品渡料あり)
      • 貸株日数分の貸株料が必要
    • 品受・品渡 事務手続き料は建玉金額による段階制

 

スポンサーリンク

100株:1,500円相当の場合(投資額14~16万円)

  • GMOクリック証券
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(短期)売り」
    • 12月27日の権利落ち日に現渡
    • コスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料
  • auカブコム証券
    • クロス:「一般信用買い」×「一般信用(長期)売り」+「クロス当日に買建玉を品受
    • 12月27日の権利落ち日に品渡
    • コスト=品受料+品渡料+金利+貸株料
投資金額140,000円150,000円160,000円
証券会社GMOKcomGMOKcomGMOKcom
クロ
ス日
貸株
日数
現物一般現物一般現物一般
一般一般一般一般一般一般
12/927日分649677706
12/1026日分634661689
12/1125日分619646672
12/1222日分575598621
12/1321日分560582604
12/1620日分545483566497588510
12/1719日分531475551487571500
12/1818日分516466535478554490
12/1915日分472440487450503461
12/2014日分457431472441486451
12/2313日分442423456432469441
12/2412日分427414440423453431
12/2511日分412405424413436421
12/268日分368380377386385392

※数値は概算

200株:2,500円相当の場合(投資額28~32万円)

  • GMOクリック証券・auカブコム証券 共通
    • クロス:「一般信用買い」×「一般信用(短期または長期)売り」+「クロス当日に買建玉を現引または品受
    • 12月27日の権利落ち日に現渡または品渡
    • GMO コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
    • カブコム コスト=品受料+品渡料+金利+貸株料
投資金額280,000円300,000円320,000円
証券会社GMOKcomGMOK.comGMOKcom
クロ
ス日
貸株
日数
一般一般一般一般一般一般
一般一般一般一般一般一般
12/927日分1,1001,2451,390
12/1026日分1,0731,2131,353
12/1125日分1,0471,1821,316
12/1222日分9681,0871,205
12/1321日分9411,0551,168
12/1620日分9157701,0237971,132824
12/1719日分8897539927791,095804
12/1818日分8627369607601,058784
12/1915日分783684865705947725
12/2014日分757667833686910705
12/2313日分731649802668873686
12/2412日分704632770649836666
12/2511日分678615739631799646
12/268日分626563644575662587

※数値は概算

【内外トランスライン(9384)の株主優待】カタログ商品が選択できる!まとめ

  • 内外トランスラインの株主優待は、カタログ商品から選択できる優待。
  • 100株:1,500円相当/200株:2,500円相当/4,000株:5,000円相当
  • 一般信用売りの在庫は少なめながら、各社で確保されることが予想される。
  • 2016年に5日分で4,800円の逆日歩発生。
  • カブコムでは、10月から既に高倍率モードなので取得を目指すなら毎日抽選に参加。
  • キャンセルもよく出る銘柄。

 

おすすめ全銘柄一覧はこちら

【2019年】12月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!

人気ランキングはこちら

【12月 株主優待】人気ランキング(クロス取引編)

 

※記事内容は、2019年12月13日が基準となっています。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました