【ブロンコビリー(3091)の株主優待】優待券2,000円分をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法とコストシミュレーション。

3091ブロンコビリーの株主優待

引用元:ブロンコビリー-株主優待のご案内

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

ブロンコビリー(3091)の株主優待情報

基本情報

コード3091銘柄名ブロンコビリー
権利確定
月日
6月末日・12月末日権利付
最終日
2019年6月25日
単元株数100株株価2,232円
最低株数100株最低
投資金額
223,200円
優待内容株主ご優待券
または
魚沼産コシヒカリ
優待価値2,000円相当
優待
利回り
1.79%
1株配当24.00円配当
利回り
1.08%
貸借区分貸借優待配当
利回り
2.87%
一般売
GMO
一般売
カブコム
短期
発行済
株式数
1,500万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年5月24日注意※最新情報では
ありません。
※数値は概算

 

株主優待内容の詳細

ブロンコビリーの店舗で食事に使える優待券、または、魚沼産コシヒカリ(予定)

  • 100株以上…優待券 2,000円分
  • 200株以上…優待券 3,000円分 または 魚沼産コシヒカリ 2kg
  • 500株以上…優待券 5,000円分 または 魚沼産コシヒカリ 4kg
  • 1,000株以上…優待券 8,000円分 または 魚沼産コシヒカリ 5kg
  • 2,000株以上…優待券 15,000円分 または 魚沼産コシヒカリ 10kg

 

スポンサーリンク

ブロンコビリー(3091)の企業紹介

ブロンコビリー「ごちそうストーリーズ」

引用元:ブロンコビリー-ごちそうストーリーズ

  • 設立:1983年 上場:2007年 本社:愛知県名古屋市 業種:小売業
  • 1978年、ステーキハウスブロンコとして創業、2018年に40周年。

もとは喫茶店を経営していた創業者が、日本でステーキを食べる文化がない時代に、席は数席、駐車場も数台の状態から店を始めたとのこと。

私がまだ小さい頃には街中にたくさんの喫茶店があり、調べたところ、1981年のピーク時には全国に15万店を超える喫茶店があったのが、現在は7万店以下に減少しているようです。

あの伝説となったインベーダーゲームパックマンは、喫茶店があったからこそといっても過言ではないだけに、寂しい気持ちにもなりますが、最近では、ちょっとしたレトロ喫茶店ブームが再来しているそうです。

若い方々のなかには、デーブル型筐体のゲームが置いてある喫茶店を探し歩いているという記事も目にしたので、なんだかほっといたしました。

 

その喫茶店ブームに発祥し、さらに新文化の開拓ともいえるステーキを提供し始めて40年。

現在では、創業地の名古屋を中心に、関西から関東にかけて115店舗(2018年現在)を運営していますが、2000年ごろに始まった食肉のBSE問題では倒産の危機もあったそうです。

そのピンチには新たなビジネスモデルを開発してチャンスに変え、2007年にジャスダック上場、2012年に東証1部上場を果たし、現在、こうして私が株主優待の紹介をするまでに至っています。

 

一般信用でのクロス取引の方法とコストシミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 5月24日の終値ベースで最低投資金額は約22万円
  • 優待券2,000円相当での優待利回りは、年1回分で約0.9%
  • 制度信用銘柄で制度クロスは不可。
  • 一般信用売りの在庫は、5月24日現在、
    •  カブドットコム証券:「短期」のみ。まだ現れず。
    • GMOクリック証券:まだ現れず。
    • SBI証券:「短期」残りわずか。

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 5月13日現在
    • カブコムには長期在庫がありません。2018年は大量に解放されてましたが、今年は無いのでしょうか…期待するしかありません。
    • GMOにもありません。
  • 5月24日現在
    • カブコムの長期在庫はまだ出ません。

カブコム抽選の参考記事はこちら

 

スポンサーリンク

 

  • GMOクリック証券・カブドットコム証券 共通
    • クロス:「制度信用買い」×「一般信用(短期または長期)売り」+「クロス当日に買建玉を現引または品受
    • 6月26日の権利落ち日に現渡または品渡
    • コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
投資金額210,000円230,000円250,000円
証券会社GKGKGK
クロ
ス日
貸株
日数
制度制度制度制度制度制度
一般一般一般一般一般一般
5/2733 690 719 747
5/2832 681 709 737
5/2929 655 681 706
5/3028 647 671 696
5/3127 638 662 686
6/326 630 653 676
6/425 621 643 665
6/522 595 615 634
6/621847586893605939624
6/720825578869596912614
6/1019803569844586886604
6/1118781560820577859593
6/1215714535747549780563
6/1314692526723539754552
6/1413670517699530728542
6/1712648509674520701532
6/1811625500650511675521
6/198559474577482596491
6/207537466553473569480
6/216515457529463543470
6/245493448505454517460
6/254470440480445490450

※数値は概算

おわりに

各証券会社が確保できる一般信用売りの在庫数は、今後増えてくるとは思いますが、発行済株式数や投信比率から考えて、それほど爆発的な増加は望めません。

転売需要も多い優待ですので、粘ってしまうと高倍率の抽選に巻き込まれてしまうおそれがあります。どの段階で妥協するかがポイントになりそうです。

 

6株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】6月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。

【2019年】6月株主優待 クロス取引可能なおすすめ26銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年6月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年5月24日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました