【アルペン(3028)の株主優待】優待券2,000円分をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法とコストシミュレーション。

3028アルペン株主通信

引用元:アルペン-株主通信

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

アルペン(3028)の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
3028アルペン
権利
確定月日
6月末日
12月末日
権利付
最終日
2019年
6月25日
単元株数100株株価1,639円
最低株数100株最低投資
金額
163,900円
優待内容株主ご優待券
優待価値2,000円相当優待利回り2.44%
1株配当40.00円配当利回り2.44%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
4.88%
一般信用売
GMO
短期
上限1,000株
一般信用売
カブコム
長期
約4万株
発行済
株式数
4,048万株資料
作成日
2019年
5月13日
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

アルペングループ全店および全施設で利用できる優待券

  • 100株以上…2,000円相当
  • 500株以上…5,000円相当
  • 1,000株以上…7,500円相当
  • 利用可能な店舗、施設
    • 全国の アルペン、ゴルフ5、スポーツデポ、ミフト 全店舗
    • フィットネスクラブ(アルペンフィットネスクラブ、アルペンクイックフィットネス)
    • スキー場(ウイングヒルズ白鳥リゾート)
    • ゴルフ場(GOLF5カントリーみずなみコース、ゴルフ5カントリー四日市コース、ゴルフ5カントリー美唄コース、ゴルフ5カントリーオークビレッヂ、ゴルフ5カントリーかさまフォレスト、ゴルフ5カントリーサニーフィールド)
    • ゴルフ練習場(ゴルフ5大曲ゴルフセンター)

 

スポンサーリンク

アルペン(3028)の企業紹介

3028アルペンの各店舗ブランド

引用元:アルペン-株主通信の画像を編集

  • 設立:1972年 上場:2006年 本社:愛知県名古屋市 業種:小売業
  • ゴルフ5、スポーツデポ、アルペンの3本柱でスポーツ用品を全国で販売するアルペン。

現在の店舗数は、ゴルフ5が約200店、スポーツデポが約150店、アルペンが約50店で、全国に約400店舗展開しています。

かつては社名の通り「アルペン」が主力で、1990年代のウィンターシーズンは、若者がこぞって店舗に押しかけていた印象があります。

我々の年代で、あの広瀬香美のCMソングを知らない人はいないのではないでしょうか、「ロマンスの神様」。

特にファンではありませんでしたが、たまにあの歌が流れてくると妙に懐かしい気持ちになります。そしてそのあとには必ず虚無感が…

スキーブームの終焉とともに、「アルペン」の店舗数が一本調子で減り続けていますが、それに反比例するかのように、「ゴルフ5」や「スポーツデポ」の店舗数が増えていますので、変化への対応は万全のようです。

 

一般信用でのクロス取引の方法とコストシミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 5月13日の終値ベースで最低投資金額は約16.5万円
  • 優待券2,000円相当での優待利回りは、年1回分で約1.2%
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間、100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年6月…1日分:10円
    • 2017年6月…3日分:330円
    • 2018年6月…3日分:330円
    • 2019年6月は逆日歩3日分。
  • 発行済株式数は約4,000万株。
  • 一般信用売りの在庫は、5月13日現在、
    •  カブドットコム証券:「長期」約4万株。
    • GMOクリック証券:「短期」上限1,000株。
    • SBI証券:残りわずか。

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 5月13日現在
    • カブコムの長期在庫に対しては、日々少しずつ売注文が入ってますが、翌営業日には決まって43,000株の一般在庫解放。しかし、コストから考えるといつ火がついてもおかしくはありません。
    • GMOでも一般在庫が現れ、「短期」上限1,000株です。こちらは初日からクリック争奪戦になるかもしれません。

カブコム抽選の参考記事はこちら

【カブドットコム証券で株主優待】一般信用売建の在庫確認、抽選申込み、スケジュール、仕組み、ルールなどについて

 

スポンサーリンク

 

  • GMOクリック証券
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(短期)売り」
    • 6月26日の権利落ち日に現渡
    • コスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料
  • カブドットコム証券
    • クロス:「制度信用買い」×「一般信用(長期)売り」+「クロス当日に買建玉を品受
    • 6月26日の権利落ち日に品渡
    • コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料(+信用事務管理費)
投資金額155,000円165,000円175,000円
証券会社GKGKGK
クロ
ス日
貸株
日数
現物制度現物制度現物制度
一般一般一般一般一般一般
5/1543 685 703 722
5/2434 627 642 657
5/2733 513 527 542
6/522 443 453 463
6/621588436610446633455
6/720572430593439614448
6/1019556424576432596441
6/1118539417558426577434
6/1215490398506405522412
6/1314474392489398503405
6/1413458385471392485398
6/1712441379454385467391
6/1811425373436378448383
6/198376354384358393362
6/207359347367351374355
6/216343341349344356347
6/245327335332337337340
6/254310328315331319333

※数値は概算

おわりに

既にコストは700円前後まで落ちてますし、GMOの解禁日初日(権利落ち日に現渡できる最短の日)でも600円前後なので、粘りすぎなければ問題なく利益の出せる優待ですね。

 

6株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】6月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。

【2019年】6月株主優待 クロス取引可能なおすすめ26銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年6月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年5月13日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました