【日本マクドナルドHD(2702)の株主優待】優待食事券をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

2702マクドナルドの株主優待

引用元:日本マクドナルドHD-個人投資家の皆様へ

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

日本マクドナルドホールディングス(2702)の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
2702日本マクドナルドホールディングス
権利
確定月
6月末日
12月末日
権利付
最終日
2019年
6月25日
単元株数100株株価5,100円
最低株数100株最低投資
金額
510,000円
優待内容優待食事券(1冊にバーガー類、サイドメニュー、ドリンク、3種類の商品〈バリューセット〉の無料引換券が1枚になったシート6枚)
優待価値5,000円相当優待利回り1.96%
1株配当30.00円配当利回り0.59%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
2.55%
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
長期
約3万株
発行済
株式数
1.33億株資料
作成日
2019年
3月20日(水)
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

※「優待価値:5,000円相当」については下記参照。

 

株主優待内容の詳細

優待食事券:1冊にバーガー類、サイドメニュー、ドリンク、3種類の商品〈バリューセット〉の無料引換券が1枚になったシート6枚

  • 100株以上:優待食事券 1冊
  • 300株以上:優待食事券 3冊
  • 500株以上:優待食事券 5冊

 


上記、基本情報の「優待価値:5,000円相当」について。

  • 日本マクドナルドホールディングスのWEBサイトにも説明がありますが、バーガー類、サイドメニュー、ドリンクの「3種類の商品」は、マクドナルドのセットメニュー「バリューセット」を指しています。
  • さらに、サイズのある商品は、S・M・Lの中から選べるようになっています。この2点を踏まえて、
    • バリューセットの中で最も金額が高い商品は「グラン クラブハウス」:790円
    • サイドメニューをLサイズに変更する料金:+50円
    • ドリンクをLサイズに変更する料金:+20円
  • 合計で860円となり、6シートあるので【860円×6シート=5,160円】となります。

 

スポンサーリンク

日本マクドナルドホールディングス(2702)の企業紹介

日本マクドナルドホールディングスHOME

引用元:日本マクドナルドHD-TOP

この記事を見ている方に、私からの企業説明など不要だと思いますので、近年における日本マクドナルドの取り組みについてご紹介しようと思います。

まだ、記憶に新しい2014年に起きた消費期限切れ食品の問題。それだけでなく、床に落ちた食品をそのまま製造ラインに戻すニュース映像、その後もさまざまな異物混入事件などがあり、日本マクドナルドの名声も業績も地に落ちかけました(現在は回復基調)。

問題の後、同年に即座に立ち上げたのがこちらのサイトのようです。⇒ 【安心・安全への取り組みとしてQ&Aサイト「品質管理について、お話しします」(現「見える、マクドナルド品質」)を開設 】

  • 食材の道のり…どこで獲った食材を、どの国の工場で、どのように加工しているのか。
  • アレルギー・栄養・原産国情報…販売中の商品ごとに各情報ページを用意。
  • 品質改善の取り組み 安全・安心への取り組み

などの紹介を、我々消費者が確認できるようになっています。

 

実は私、あの事件以来、一度もマックを食べておりません。ですが、そろそろ食べてみようかと思っています。品質向上への取り組みも一因ですが、一番の理由は、反省しているようだからです。

不祥事があったとはいえ、マックがなくなるのは嫌ですからね、正直。チャンスをあげない社会も問題だと思いますので、上から目線ですが、チャンスをあげます。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 3月20日の終値ベースで最低投資金額は51万円
  • 優待食事券を5,000円相当と仮定した場合の優待利回りは、年1回分で約1%
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間、100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年6月…1日分:15円
    • 2017年6月…3日分:19,800円
    • 2018年6月…3日分:30円
    • 2019年6月は逆日歩3日分。ちなみに2014年12月にも、6日分で18,000円という高額逆日歩の発生記録あり。
  • 発行済株式数は約1.33億株。
  • 一般信用売りの在庫は、3月20日現在、
    •  カブドットコム証券:「長期」約3万株。
    • GMOクリック証券:不明。
    • SBI証券:残りわずか。

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

カブドットコム証券の場合

在庫がこのまま3万株しか確保されないということはないと思いますが、人気優待ですし優待価値にも余裕があるので、かなり早めのクロスを想定してシミュレーションします。

 

証券会社はカブドットコム証券5月27日(貸株日数33日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「長期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に品受(現引)し、6月26日(水)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。投資額51万円。
  • 制度信用 買い手数料:582円
  • 一般信用 売り手数料:582円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):41円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・33日分):691円
  • 優待食事券5,000円相当-(582円+582円+41円+691円)=3,104円(概算利益)

 

スポンサーリンク

GMOクリック証券の場合

一般在庫が確保される前提でのシミュレーションです。

前回、2018年12月権利のGMOの在庫は、何度も何度も復活してましたし、優待の人気度合いや発行済株式数から考えても、在庫が確保できないわけがないと勝手に考えています。

 

証券会社はGMOクリック証券6月6日(貸株日数21日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「短期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に現引し、6月26日(水)の権利落ち日に現渡すると仮定。投資額51万円。
  • 制度信用 買い手数料:259円
  • 一般信用 売り手数料:259円
  • 制度信用 買方金利(2.75%・1日分):38円
  • 一般信用 売方貸株料(3.85%・21日分):1,129円
  • 優待食事券5,000円相当-(259円+259円+38円+1,129円)=3,315円(概算利益)

 

おわりに

高額逆日歩が発生したことのある人気優待銘柄では、ネット上でしばしば目にする言葉があります。

「制度クロスの勝利」

これは、ロングクロス(一般信用でのかなり早めのクロス)で数千円単位の貸株料を支払う場合と比較しての言葉ですが、私の考えでは「勝利」でもなんでもありません。運が良かっただけです。

前日までの貸借倍率などを詳細に調べて制度クロスを選択したとしても、当日に入る売り注文をリアルタイムで把握することなんてできないからです。

あくまで個人の意見ですが、車の運転と同じで、優待クロスにちょっと慣れてきた頃が危険だと感じます。

 

6株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】6月株主優待 クロス取引可能なおすすめ20銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年6月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年3月20日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント