株式等 受渡日の変更 1営業日早く。優待 クロス取引への影響は?2019年7月16日約定分より変更予定。

カレンダーにチェックを入れる様子

受渡日が1営業日早くなる

現在の「約定日」と「受渡日」の関係

現在、我々個人投資家が、株を買ったり売ったりしている日は「約定日」といって、取引自体は成立していますが、まだ決済は行われておらず、権利は確定していません。

権利が確定するのは、実際に決済が行われる「受渡日」で、現在は「約定日」の3営業日後となっています。

 

2019年7月16日(火)約定分より 1営業日早くなる(予定)

この、約定日の3営業日後である「受渡日」が、2019年7月16日(火)の約定分(取引分)より2営業日後に変更となる予定だそうです。

7/12
約定日
の場合
7/12
(金)
(土)(日)(月)7/16
(火)
7/17
(水)
7/18
(木)
約定日受渡日
取引
当日
1営業
日後
2営業
日後
3営業
日後
7/16
約定日
の場合
7/12
(金)
(土)(日)(月)7/16
(火)
7/17
(水)
7/18
(木)
約定日受渡日
取引
当日
1営業
日後
2営業
日後

上記のように、7月12日(金)約定分の受渡日と、7月16日(火)約定分の受渡日が、ともに7月18日(木)となります。

 

スポンサーリンク

株主優待(クロス取引)への影響は?

権利確定日に変更はありませんが、権利付最終日の考え方を変更しなければなりません。長年、優待取りをしてきた方は、染みついている可能性があるので油断は禁物です。

また、受渡日が早くなることによって、逆日歩や貸株料の日数も減る?この件についても確認したいと思います。

現行
制度
の場合
9/25
(火)
9/26
(水)
9/27
(木)
9/28
(金)
(土)(日)10/1
(月)
権利付
最終日
権利
落ち日
権利
確定日
クロス現渡しクロス
受渡日
現渡し
受渡日
新制度
の場合
9/25
(火)
9/26
(水)
9/27
(木)
9/28
(金)
(土)(日)10/1
(月)
権利付
最終日
権利
落ち日
権利
確定日
クロス現渡しクロス
受渡日
現渡し
受渡日

表は、2018年9月の権利取りを、現行制度の場合と、仮に新制度だった場合について表しています。また、「クロス取引」を権利付最終日に行い、「現渡し」を権利落ち日に行うことを前提としています。

 

「権利確定日」は9月28日(金)で変更ありませんが、新制度になると「権利付最終日」が1営業日遅くなります。それに伴って、権利落ち日も1営業日遅れますが、表で「緑」に着色したところに注目してください。

「クロス取引」の受渡日と「現渡し」の受渡日には、変更がないことがわかります。これが何を意味するかというと、逆日歩の日数も貸株料の日数も減ることはないということです。

頭の回転が速い方は、表で確認するまでもないのかもしれませんが、私はカレンダーにひとつひとつチェックを入れて、ようやく理解できました。

そもそも、なぜ逆日歩の日数が増えることがあるのか、このことを思い出しました。

逆日歩の日数が増える原因は、受渡日と受渡日の日数差です。間に土日祝日(休場日)が入ることによって、株券を借りている日数が増えるのが原因です。

つまり、「優待の権利を取った直後に株を手放すという行為」に変化がない限り、「受渡日の日数差にも変化がない」=「逆日歩・貸株料の日数が減るようなことはない」となります。個人的は残念でした。

 

まとめ

  • 制度の変更点…受渡日が1営業日早くなる。現在:約定日の3営業日後⇒新制度:約定日の2営業日後
  • 制度の変更日…2019年7月16日(火)約定分(取引分)より予定
  • 株主優待 クロス取引への影響
    • 権利付最終日:現在の基準より1営業日遅くなる(権利確定日から見て1営業日近づく)
    • 逆日歩・貸株料の日数:新制度になることによる変化はない(権利付最終日に「クロス」、権利落ち日に「現渡し」する場合)

 

関連記事:シリーズ【株主優待クロス取引】

株主優待とは?優待品や優待クロス、権利日、現渡しについて解説!
はじめに 【2015年3月】 獲得:36,000円相当 費用:6,165円 差引:+29,835円相当 【2015年9月】 獲得:14,520円相当 費用:6,148円 差引:+8,372円相当 【2016年3月】 獲得:44,0...
【株主優待】逆日歩などの優待クロス取引のリスクを徹底解説!
はじめに 3回にわたってご紹介した、シリーズ「株主優待クロス取引」ですが、4回目(最終回)のこの記事では、さまざまなリスクへの対応策についてご紹介します。 ▼シリーズ1回目 ▼シリーズ2回目 ...

 

※この記事は2018年10月現在の情報をもとに作成しており、スケジュール変更の可能性があります。

コメント