GMOクリック証券 一般信用売り 9月優待銘柄でクロス取引を解説

GMOクリック証券「一般信用売り」サービス開始記念

引用元:GMOクリック証券TOPページ

スポンサーリンク

はじめに

2018年9月末分の株主優待、9月25日(火)の権利付最終日が迫っています。9月は1年で2番目に優待銘柄の数が多い月なので、みなさん、優待チェックで忙しい日々を過ごしていらっしゃるかと思います。

今回私は、先月の大失敗を教訓に、既に、GMOクリック証券の一般信用売りで、現在のところ13銘柄に「優待クロス取引」の注文を行いました。(現在は9月13日pm22:00です)確定ではなく、増やす可能性も、減らす可能性も有りますので、その点はあらかじめご了承ください。

ちなみに「先月の大失敗」とは、8月20日のサービス開始時間に出遅れて、欲しい銘柄のほとんどがSOLD OUTだったことです。

この記事では、実際の銘柄選びやその検索方法在庫数とその推移貸株料の計算方法注文銘柄注文方法などをご紹介します。一連の作業時間ですが、以前は何日もかかっていた作業が、今回はわずか4時間で終わりました。これも、GMOクリック証券が「一般信用売り」を開始してくれたおかげです。

2018年9月末分の株主優待銘柄をどのように選んだか【選び方や検索方法、選ぶ基準など】

銘柄の選び方や検索方法

GMOクリック証券「一般信用売り銘柄検索画面」

引用元:GMOクリック証券-「株式」-「一般売」(検索画面)

タイトルより短くなってしまいますが、選び方は「GMOクリック証券の検索ツールで選んだ」のみです。

ログイン後、「株式」⇒「一般売」と進むと検索画面があります。ここで

  • 「売建受注枠」で「余裕あり ○」にチェック(もしくは「残りわずか △」にもチェック)
  • 「優待権利確定月」で「9月」にチェック

すると、その時点で「一般信用売り」できる銘柄の一覧が出ます。これ、ご存知の方、「便利だ!」と思いませんでしたか?私はすごく便利なものに感じました。

以前は、Yahoo! ファイナンスで1件1件調べたり、売りができるかどうか発注ツールで調べたり、優待ブログを回ったり、他にもいろいろと…何日もかかっていた作業が、今回はわずか4時間で終えることができました。

優待銘柄を選ぶ基準

少ない資金を効率よく活用するためには、

  • できるだけ多くの銘柄で優待を取得する
  • できるだけ価値の高い優待品を取得する
  • 1件1件の投資額をできるだけ小さくする

この3点をいつも重視していますが、皆さんも同じだと思います。必然的に500円分のクオ(QUO)カードなどは除外されます。

在庫数と推移

在庫数(売建受注枠)は、毎営業日、19時ごろに更新されます。

  • 9月12日(水)19時更新後…余裕あり:173件 残りわずか:0件 受付不可:20件
  • 9月13日(木)19時更新後…余裕あり:171件 残りわずか:0件 受付不可:22件
  • 9月14日(金)19時更新後…余裕あり:160件 残りわずか:1件 受付不可:33件 (総数1件増加)
    • リアルタイムで数字が変化することを想定しておらず、上記9月14日の数字は22時ごろのもの。
    • 25時現在、余裕あり:156件 残りわずか:3件 受付不可:35件、となっており、刻々と数字が変化しています。狙っている優待銘柄がある方はお急ぎください
  • 9月15日(土)22:00:余裕あり:149件 残りわずか:1件 受付不可:44件
  • 9月16日(日)22:00:余裕あり:146件 残りわずか:1件 受付不可:47件
  • 9月17日(月)22:00:余裕あり:143件 残りわずか:4件 受付不可:47件
  • 9月18日(火)22:00:余裕あり:127件 残りわずか:5件 受付不可:62件
  • 9月19日(水)22:00:余裕あり:117件 残りわずか:7件 受付不可:70件
  • 9月20日(木)22:00:余裕あり:115件 残りわずか:8件 受付不可:71件
  • 9月21日(金)22:00:余裕あり:89件 残りわずか:11件 受付不可:94件
  • 9月22日(土)22:00:余裕あり:74件 残りわずか:14件 受付不可:106件
  • 9月23日(日)22:00:余裕あり:73件 残りわずか:11件 受付不可:110件
  • 9月24日(月)22:00:余裕あり:65件 残りわずか:12件 受付不可:117件
    • スシロー、ダスキン、東祥などが、出たり入ったりを繰り返していて非常に見ごたえがありました。
    • 私は、スシローとニチバンを追加でクロスし、ダスキンはタッチの差、おそらく1~2秒指し負けて逃しました。(追記:ダスキンはすでにクロスしてました。)
  • 9月25日(火)22:00:権利付最終日のザラバが終了し、194件すべて「受付不可」となりました。
  • 9月26日(水)権利落ち日です。クロスの方は場が引ける前に現渡しの処理を行ってください。

 

スポンサーリンク

 

貸株料の計算方法

権利付最終日に制度信用売りで優待クロスを行う場合は、貸株料を計算する機会はほとんどありませんが、一般信用売りで在庫がなくなる前に、事前に優待クロスを行う場合は、貸株料を日数分支払う必要があるため、計算する必要が出てきます。

今回、GMOクリック証券の在庫(売建受注枠)の返済期日は、193件すべてが「短期」で設定されていましたので、貸株金利は「3.85%」です。

 

例えば、株価:2,000円、優待条件:100株以上、9月14日に優待クロスする場合、

2,000円×100株×3.85%÷365日×12日間=253円  

となり、銘柄数が多くなると小さくない金額になってきます。以下にカレンダーを掲載しますので、日数計算に使ってください。

 

13141516
優待クロス
約定日
17181920212223
敬老の日優待クロス
の受渡日
秋分の日
24252627282930
振替休日権利付
最終日
権利落ち日
現渡し
10月1日234567
現渡しの
受渡日

 

  • 受渡日約定日3営業日後なので、14日に優待クロスすると20日受渡日
  • 権利落ち日現渡しすると、3営業日後の10月1日受渡日
  • 受渡日(緑)から受渡日(緑)まで(受渡日を含めて)、12日間となります。

私の予想ですが、在庫数が一気に減るのは19日だと考えています。19日に優待クロスを行えば、3連休後の25日が受渡日になるので、貸株料が7日分で済むからです。

私は、先月の失敗があるので、今回は経費増を受け入れて、9月14日に約定させることにしました。

 

スポンサーリンク

 

一般信用「優待クロス取引」9月権利確定の注文銘柄と注文方法

「はっちゅう君」の注文受付画面1

現在発注しているのは画像の13銘柄です。予定では、経費:約6,000円に対して、優待価値:約20,000円です。

注文方法は、「同銘柄」に「同株数」の「現物買い」と「一般信用売り」を「成行」で発注します。※成行で注文しないと同値で約定しない恐れがあります。

約定したら「権利落ち日」まで、じっと持ち続けます。そして「権利落ち日」当日に、クリック証券のWEBサイトで「現渡し」の手続きを行います。

現渡しの手続きが遅れると、その分、貸株料がかかりますし、期日までに手続きを行わないと、強制決済され、万単位の手数料がかかるようなので、忘れないよう十分に注意してください。

また、私が使っている注文ツールは、GMOクリック証券の「はっちゅう君」です。売買注文のみに特化したツールで、余分な情報を極限まで省略した非常にお気に入りの発注ツールです。

注文すると同時に、注文内容がツールに表示され、誤発注や注文忘れの可能性を限りなくゼロに近づけてくれます。おすすめです。

 

※9月15日追記

「はっちゅう君」の注文受付画面_2

14日寄付きで、上記13銘柄を約定させ、後場寄付きで、画像の4銘柄を追加しました。

さらに、場中に画像にはない1銘柄(キーコーヒー)を追加し、合計18銘柄となっています。

 

※9月22日追記

「はっちゅう君」の注文受付画面_3

9月21日に4銘柄追加。合計22銘柄となりました。

「受付不可」から復活した銘柄がいくつかありました。毎日チェックすべきなようです。

 

※9月24日追記

「はっちゅう君」の注文受付画面_4

9月25日約定分として2銘柄追加。合計で24銘柄となりました。2銘柄とも復活組です。やはり毎日チェックしていると良いことがあります。

 

おわりに

冒頭でも記載しましたが、この記事は、在庫数の記録や新しい情報が入り次第、追記・訂正していく予定ですのであらかじめご了承ください。

また、この記事では触れませんでしたが、GMOクリック証券は、現在「一般信用売り開始記念 一般信用取引手数料 無料キャンペーン」を行っています(期間:2018年8月20日約定分~2018年12月28日約定分まで)。

一般信用売りが始まって、さらに手数料まで無料になるという、GMOクリック証券ユーザーにとっては非常にお得な時期です。

この機会にできるだけの利益を上げたいと思っています。皆さんもご健闘ください。

 

GMOクリック証券が一般信用売りサービスを開始した時の記事はこちらです。

【GMOクリック証券】一般信用売りサービス(短期・無期限)を開始!
GMOクリック証券が、2018年8月20日(月)の取引分より、一般信用売りサービスの取り扱いを開始しました!一般信用売りは逆日歩が発生せず、優待クロス取引を行うには非常に便利なサービスです。他社との手数料の比較も合わせてご紹介します。

 

制度信用取引を利用した優待クロス取引は「シリーズ【株主優待クロス取引】」をご覧ください。

株主優待とは?優待品や優待クロス、権利日、現渡しについて解説!
株主優待は、企業の株主還元のひとつで、株主はさまざまな優待品を受け取ることができます。また、優待クロス取引を学ぶことによって、ほとんどリスクのない優待取りが可能です。この記事では、優待品、優待クロス取引、権利付最終日や権利落ち日、現渡しについて解説しています。

 

※金額・サービス等は2018年9月現在のものです。詳しくGMOクリック証券のWEBサイトでご確認ください。

コメント