【トップカルチャー(7640)の株主優待】TSUTAYAギフト券!クロス取引での取得方法とコストシミュレーション

トップカルチャーの株主優待「TSUTAYAギフト券」

引用元:トップカルチャー|株主優待制度

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トップカルチャー(7640)の株主優待

トップカルチャー(7640)の基本情報

コード7640銘柄名トップカルチャー
権利確定
月日
10月末日権利付
最終日
2020年10月28日
単元株数100株株価395円
最低株数500株最低
投資金額
197,500円
優待内容TSUTAYA
ギフト券
優待価値1,000円相当
優待
利回り
0.51%
1株配当0.00円配当
利回り
0.00%
貸借区分貸借優待配当
利回り
0.51%
発行済
株式数
1,268万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2020年8月26日注意事項※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

トップカルチャー(7640)の株主優待内容

毎年10月31日現在、500株以上保有の株主を対象に、保有株式数および継続保有期間に応じて、TSUTAYAギフト券を贈呈。

  • 500株以上
    • 1年未満:1,000円分(2枚)
    • 1年以上:1,500円分(3枚)
  • 1,500株以上
    • 1年未満:2,000円分(4枚)
    • 1年以上:3,000円分(6枚)

公式:トップカルチャー|株主優待制度

 

「TSUTAYAギフト券」の贈呈時期や使い方

贈呈時期と有効期限

  • 贈呈時期:12月下旬~翌年1月上旬
  • 有効期限:発行から6か月(表面右下に記載)

利用可能店舗等

全国の「蔦屋書店」及び「TSUTAYA」で、買い物・レンタルに利用可能。

利用上の注意

  • 1回の会計で何枚でも利用可能。
  • セルフレジでは利用不可。
  • おつりは出ない。
  • 一部、対象外の店舗・商品あり。

 

スポンサーリンク

トップカルチャー(7640)の企業紹介

トップカルチャー|TOP

引用元:トップカルチャー

  • 商号:株式会社トップカルチャー
  • 設立:1986年 上場:2000年
  • 本社:新潟県新潟市 業種:小売業
  • 1987年に「蔦屋書店1号店」を開店。
  • 書籍・文具等の販売、映像・音楽ソフトのレンタル・販売を行う大型店舗の運営。
  • 店舗展開は、関東・東北・中部地方で74店舗を展開(2020年7月現在)。

 

トップカルチャー(7640)の株主優待をクロス取引で取得する方法とコストシミュレーション

クロス取引の前に最低限の数値DATA等を把握

  • 株主優待の取得には最低500株必要
  • 直近の株価水準での最低投資額は20万円前後
  • TSUTAYAギフト券のヤフオク!相場はおよそ8割(8月下旬)
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能
  • 過去の100株あたりの逆日歩
    • 2016年10月…1日分:800円
    • 2017年10月…1日分:960円
    • 2018年10月…1日分:790円
    • 2019年10月…1日分:5円
    • 2020年10月…逆日歩3日分
  • 発行済株式数:約1,268万株
  • 一般信用売りの在庫(8月26日現在)
    • auカブコム証券:「長期」900株
    • GMOクリック証券:なし
    • SBI証券:なし
    • SMBC日興証券:なし
    • 楽天証券:なし

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 一般在庫が非常に少ない銘柄です。
  • 発行済も少ないので、大きな一般在庫の解放が望める銘柄ではありません。
  • 逆日歩を見ると、制度クロスにはほぼ利益がないので、一般クロスができなかったらクロスでの取得は諦めた方が良さそうです。
  • 今回の最高逆日歩は、500株で1万円を超えます。

コストシミュレーションは500株のみ。

 

スポンサーリンク

 

  • GMOクリック証券
    • 20万円以下のクロス:「現物買い」×「一般信用(短期)売り」
    • 20万円超のクロス:「一般信用買い」×「一般信用(短期)売り」+「当日に買建玉を現引」
    • 10月29日の権利落ち日に現渡
    • 20万円以下のコスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料
    • 20万円超のコスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
  • auカブコム証券
    • クロス:「一般信用買い」×「一般信用(長期)売り」+「当日に買建玉を品受」
    • 10月29日の権利落ち日に品渡
    • コスト=品受料+品渡料+金利+貸株料(+信用事務管理費)
      • 8/31~9/28のクロス:管理費110円
  • SMBC日興証券
    • クロス:「制度信用買い」×「一般信用売り」+「当日に買建玉を現引」
    • 10月29日の権利落ち日に現渡
    • コスト=金利+貸株料
投資金額150,000円200,000円250,000円
証券会社GMOauK日興GMOauK日興GMOauK日興






現物一般制度現物一般制度一般一般制度
短期長期一般短期長期一般短期長期一般
8/316299536711914891487612
9/75593032711054361380545
9/144886528610193821272477
9/23397822359083131133391
9/28347362068462751056343
9/2933617200724267931334
9/3032607194711259915324
10/129580177674236869295
10/228570171662228853286
10/527561166650221838276
10/626552160637213823266
10/725543154625205807257
10/822515137588182761228
10/921582506131693576175941746218
10/1220566497125672563167915730209
10/1319551487120651551159889715199
10/1418535478114630539152862699190
10/151548745097566502129783653161
10/161447244191545489121757638151
10/191345643285524477113731622142
10/201244042379503465106704607132
10/21114244137448245298678591123
10/228377386564194157559954594
10/237361376513984036757253084
10/266345367453773916054651475
10/275329358393553785252049965
10/284313349333343664449348455
証券会社GMOauK日興GMOauK日興GMOauK日興
投資金額150,000円200,000円250,000円

※概算数値

【トップカルチャー(7640)の株主優待】TSUTAYAギフト券!まとめ

  • トップカルチャーの株主優待は、株数・期間に応じたTSUTAYAギフト券。
  • 短期は500株で1,000円分、1,500株で2,000円分。
  • 最低必要資金は20万円前後。
  • 最低500株必要な点に注意。
  • TSUTAYAギフト券のヤフオク!相場は8割ほど。
  • 一般在庫はかなり少ない。
  • 制度クロスも可能だが、過去の逆日歩はかなり高い。
  • 今回の最逆は、500株で1万円を超える可能性もある。

 

おすすめ全銘柄一覧はこちら

【2020年】10月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!

人気ランキングはこちら

【10月 株主優待】人気ランキング(クロス取引編)

 

※記事内容は、2020年8月26日が基準となっています。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました