電気代の平均はいくら?【地域別・一人暮らし~大家族】の平均を調査

電球と電卓とおもちゃの家

スポンサーリンク

はじめに

電気代の節約を考えるとき、まずは自宅のある地域世帯人数別の平均金額、自宅にある電気機器の種類とその使用量の割合などを把握するところから始めると効率的に節電が行えます。

 

地域別、1世帯あたり1か月間の電気代の平均

電気代は、水道代ほどではありませんが、地域によって差があります(約1.3倍)。また、南北に長い日本列島ですから、気候によっても多少の影響があるようです。このことを踏まえた上で、総務省が発表している地域別電気代の平均をご覧ください。

地域別 1世帯あたり1か月間の電気代
《平成27年(2015年)平均》
北海道9,629円
東北10,383円
関東9,074円
北陸10,746円
東海9,888円
近畿9,377円
中国9,103円
四国10,106円
九州8,320円
沖縄8,134円

平均世帯人数:2.34人

概ね、平均気温が低くなるにつれて平均金額が上がる傾向があるようです。冬が寒い地域で、暖房費がかさんでいることが考えられます。

 

世帯人数別、1か月間の電気代の平均

世帯人数別 1か月間の電気代
《平成29年(2017年)平均》
一人暮らし5,392円
2人9,176円
3人10,485円
4人11,239円
5人12,610円
6人以上15,127円

当然、人数が増えるにつれて金額も上がるわけですが、水道代は人数が2倍(2人⇒4人)になると料金が1.44倍になるのに対し、電気代は1.22倍にとどまっています。ライフラインとしての共有率が高いことがわかります。

 

スポンサーリンク

 

機器別の電気使用量

円グラフ「機器別電気使用割合」

冷蔵庫、照明器具、テレビ、エアコンの4種類で、全体の4割以上を占めており、これらを中心に節電に取り組むことにより、大きな節約効果が期待できそうです。

ただ、調査が行われたのが2009年度であり、家電製品の性能が格段に良くなっていること、冬が寒い地域では、暖房はエアコンだけではないことに注意する必要があります。

 

我が家の電気代の話とまとめ

厳冬期の電気代の明細書、怖いときありませんか?私はよくあります。明細書を見て青ざめたことが何度もあり、その度にインターネットで平均額等を検索してました。

しかし、いくら検索しても地域と世帯人数がマッチングしませんでした。そういった経験をもとに、今回記事を作成したんですが、「北陸の石川県で4人家族の電気代の平均は?」と問われても、北陸は全国で一番平均の電気代が高い地域なので、一概に「世帯人数別・4人」の数値が当てはまるわけではありません。

そこで私が利用しているのが地域別係数です。これは、全国の平均値をもとに、地域ごとの電気代の割合を算出し、数値化したものです。それぞれの地域の係数は、

東海北陸関東東北北海道
1.041.130.961.101.02
沖縄九州四国中国近畿
0.860.881.070.960.99

となり、先ほどの問いの答えは、「世帯人数別・4人の11,239円×北陸係数1.13」から算出し、おおよそ12,700円前後という金額を導き出すことができます。

あくまでも個人の考えに基づく算出方法であるため、実際の数値とは異なる点にご注意ください。

いずれにしても、節電を始める準備段階として、各平均金額を把握することは、節電の効率を大幅に上げる可能性があるので、是非、参考にしていただきたいと思います。

 

家計の節約を考える上で、重要な項目となる「食費」「水道料金」「スマホ・携帯電話の月額料金」の平均についてまとめた記事も、是非ご覧ください。

食費の平均はいくら?【地域別・一人暮らし~大家族】の平均を調査
食費や外食費の節約を考えるとき、まずは自宅のある地域や、一人暮らし~大家族といった世帯人数別の平均金額を把握するところから始めると効率的に節約が行えます。電気代や水道料金とは異なり、その都度、手元から現金がなくなっていくことが多いので、理解しやすく取り組みやすい部門です。
【一人暮らし~大家族】水道料金の平均はいくら?使用水量平均も調査
一人暮らしから大家族まで、世帯人数別の水道料金と使用水量の平均を調査しました。ご家庭の水道料金は、風呂、トイレ、炊事、洗濯の4つのシーンで全体の94%を占めます。この4シーン全てで節水を心掛けることにより、大きな節約効果が期待できます。
スマホ・携帯電話の月額料金の平均は?【地域別・世帯人数別】で調査
現在では、生活必需品ともいえる地位を確立したスマートフォンや携帯電話。節約対象として必ずと言っていいほど紹介される部門ですので、地域別、世帯人数別に分けてスマホ・携帯電話料金の月額平均をご紹介します。

 

出典:家計調査(総務省 統計局)、家庭エネルギー消費の実態(経済産業省 資源エネルギー庁)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました