【立川ブラインド工業(7989)の株主優待】QUOカード!クロス取引での取得方法とコストシミュレーション

立川ブラインド工業の株主優待内容

引用元:タチカワレポート

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

立川ブラインド工業(7989)の株主優待

立川ブラインド工業(7989)の基本情報

コード7989銘柄名立川ブラインド工業
権利確定
月日
6月末日・12月末日権利付
最終日
2019年12月26日
単元株数100株株価1,415円
株数300株最低
投資金額
424,500円
優待内容QUOカード優待価値1,000円相当
優待
利回り
0.24%
1株配当26.00円配当
利回り
1.84%
貸借区分貸借優待配当
利回り
2.07%
発行済
株式数
2,076万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年12月13日注意事項※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

立川ブラインド工業(7989)の株主優待内容

オリジナルQUOカード贈呈(基準日:12月31日)

毎年12月31日現在、300株以上を保有する株主を対象に、年1回、保有株式数・保有期間に応じてオリジナルQUOカードを贈呈。

  • 300株以上
    • 3年未満:1,000円分
    • 3年以上:1,500円分
  • 500株以上
    • 3年未満:2,000円分
    • 3年以上:2,500円分
  • 1,000株以上
    • 3年未満:3,000円分
    • 3年以上:4,000円分

贈呈時期:毎年3月、事業報告書に同封。

自社対象製品購入優待(基準日:6月30日・12月31日)

6月30日、12月31日現在、100株以上保有の株主を対象に、保有株式数・保有期間に応じて、1台購入あたりQUOカード2,000円分を贈呈。

  • 100株以上
    • 製品購入1台まで
    • 1台あたり2,000円分
  • 300株以上
    • 製品購入2台まで
    • 1台あたり2,000円分
  • 500株以上
    • 製品購入3台まで
    • 1台あたり2,000円分
  • 1,000株以上
    • 製品購入5台まで
    • 1台あたり2,000円分
  • 6月30日基準日は9月中旬、12月31日基準日は3月下旬に「優待お申込専用ハガキ」(6ヶ月有効)を発行。
  • 優待対象製品を購入後、製品番号等を記入して申込み。後日、クオカード贈呈。

 

スポンサーリンク

立川ブラインド工業(7989)の企業紹介

立川ブラインド工業-TOP

引用元:タチカワブラインド

  • 商号:立川ブラインド工業株式会社
  • 設立:1947年 上場:1982年
  • 本社:東京都 業種:金属製品
  • 創業は1938年。ブラインドや間仕切といったインテリア製品の製造・販売事業が主力。
  • 同製品の設計・施工、輸出入販売のほか、二段式駐車場装置の販売・設計・施工も手掛ける。

 

立川ブラインド工業(7989)の株主優待をクロス取引で取得する方法とコストシミュレーション

クロス取引の前に最低限の数値DATA等を把握

  • 12月期、製品購入なしでの優待取得には300株必要。
  • 直近の株価水準での最低投資金額は40~45万円
  • 貸借銘柄で制度クロスも可
  • 過去の100株あたりの逆日歩
    • 2016年12月…5日分:150円
    • 2017年12月…6日分:180円
    • 2018年12月…7日分:35円
    • 2019年12月…逆日歩7日分
  • 発行済株式数:約2,076万株
  • 一般信用売りの在庫(12月13日現在)
    • auカブコム証券:「長期」3,000株(抽選時)
    • GMOクリック証券:なし
    • SBI証券:「短期」残りわずか
    • SMBC日興証券:なし
    • 楽天証券:なし

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 一般在庫は多くない銘柄。
  • 2018年12月期から株価が4割上昇(1,000円→1400円)し、手を出しづらくなっています。
  • 製品を購入しない場合は300株必要なので、資金も逆日歩もそれなりの金額になっています。

 

コストシミュレーションは100株のみ。

  • auカブコム証券では、12月16日約定分から、信用取引手数料、買方金利、売方貸株料、品受・品渡 事務手続き料が変更・新設されます。(商品概要/2019年12月13日以降更新)。
  • また、12月13日までに「買い」と「売り」の手数料を支払ってクロス取引を行い、同一銘柄の「現物株式」と「一般信用売建玉」を保有している場合でも、12月27日権利落ち日の品渡で、再度「事務手続き料」がかかるようです。
  • したがって、下記カブコムのコストシミュレーションは、以下の条件でコストを算出しています。
    • 12月16日以降の約定(信用手数料無料)
    • 約定代金10万円以下は現物買い(99円・金利なし・品受料なし)
    • 約定代金10万円超は一般信用買い(金利:3.79%・品受料あり)
      • 約定日当日に品受するので金利は1日分
    • 売りはすべて一般信用「長期」売り(貸株料率2.25%・品渡料あり)
      • 貸株日数分の貸株料が必要
    • 品受・品渡 事務手続き料は建玉金額による段階制

 

スポンサーリンク

 

  • GMOクリック証券・auカブコム証券 共通
    • クロス:「一般信用買い」×「一般信用(短期または長期)売り」+「クロス当日に買建玉を現引または品受
    • 12月27日の権利落ち日に現渡または品渡
    • GMO コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
    • カブコム コスト=品受料+品渡料+金利+貸株料
投資金額405,000円420,000円435,000円
証券会社GMOKcomGMOK.comGMOKcom
クロ
ス日
貸株
日数
一般一般一般一般一般一般
一般一般一般一般一般一般
12/1125日分1,4641,5051,545
12/1222日分1,3361,3721,407
12/1321日分1,2931,3271,361
12/1620日分1,2519371,2839571,316977
12/1719日分1,2089121,2399321,270951
12/1818日分1,1658871,1949061,224924
12/1915日分1,0378131,0628281,086843
12/2014日分9947881,0178021,040817
12/2313日分952763973776994790
12/2412日分909738929750948763
12/2511日分866713884724903736
12/268日分738638751647765656

※数値は概算

【立川ブラインド工業(7989)の株主優待】QUOカード!まとめ

  • 立川ブラインドの株主優待は、300株で1,000円分のQUOカード(3年未満)。
  • 製品を購入しない場合、優待取得には300株必要な点に注意。
  • 手数料がかからない人は、500株2,000円分の方がコスパが良い。
  • 一般在庫は少ない。12月11日現在、カブコム、SBIのみ(たぶん)。
  • 逆日歩は小さめに見えるが、100株あたりなので注意。しかも今回は7日分。

 

おすすめ全銘柄一覧はこちら

【2019年】12月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!

人気ランキングはこちら

【12月 株主優待】人気ランキング(クロス取引編)

 

※記事内容は、2019年12月13日が基準となっています。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました