【一人暮らし~大家族】水道料金の平均はいくら?使用水量平均も調査

蛇口から流れる水

スポンサーリンク

水道料金の平均

水道料金は、自治体によって大きな開きがあります。これは、インフラ整備の費用やその地域の水源の水質などが関係しているためで、人口の多い自治体では安く、人口の少ない自治体では高くなる傾向があります。

例えば、同じ大阪府内で、口径20mm、使用量30㎥の場合で比較すると、大阪市が5,561円であるのに対し豊能町は11,858円と、2倍以上の開きがあります。

日本全国に範囲を広げると、さらに何倍もの開きが生じてきます。つまり、水道料金の平均は「自治体により異なる」ということになります。このことを踏まえた上で、総務省が発表している「世帯人数別、1か月間の水道料金の平均」をご覧ください。

世帯人数別 1か月間の水道料金
《平成29年(2017年)平均》
一人暮らし2,189円
2人4,205円
3人5,483円
4人6,071円
5人6,737円
6人以上8,695円

先ほどお話ししたように、何倍もの開きがある自治体の料金をならした「全国平均」であるため、ある程度の目安としてお考えください。また、水道料金は、通常2か月に1度の請求であるため、比較するときは明細の料金を2で割る必要があることにもご注意ください。

とはいっても、これでは自分の住んでいる地域の水道料金が、全国平均と比較して高いのか安いのかわからないという方のために、調査できた都市部の順位を掲載します。

神奈川県<東京都<大阪府<広島県<千葉県<福岡県<宮城県

左から右にいくにつれて料金が高くなります。これも市区町村ではなく県でくくってあるため、目安としてお考え下さい。

 

使用水量の平均

東京都水道局が発表している、世帯人数別、1か月当たりの平均使用水量を掲載します。全国の平均値ではありませんが、日本の総人口の10分の1以上が暮らしている地域ですので参考になると考えられます。

世帯人数別 1か月間の使用水量
《平成28年度平均》
一人暮らし8.2㎥
2人15.9㎥
3人20.4㎥
4人24.3㎥
5人28.5㎥
6人以上33.9㎥

 

冒頭でもご紹介した通り、水道料金は、自治体によって大きな開きがあります。水道料金の明細を見たときに、金額では平均値との比較がしづらくても、使用水量であれば、〇〇㎥と明確に記載があるため、ご自身の世帯が水道を使いすぎなのかそうではないのかが、比較的わかりやすいと考えられます。

注意点は、料金と同じように、明細の使用水量を2で割る必要がある点です。例えば、世帯人数が4人のご家庭の場合、48~49㎥で平均ですから、おおむね50㎥を超えると、水道を平均より多く使うご家庭ということになります。

 

スポンサーリンク

 

用途別使用水量の目安

東京都水道局発表の資料には、用途別使用水量の目安も掲載されています。

洗面・手洗い:1分間流しっぱなし⇒約12リットル
歯磨き:30秒間流しっぱなし⇒約6リットル
食器洗い:5分間流しっぱなし⇒約60リットル
シャワー:3分間流しっぱなし⇒約36リットル

つまり、これらのシーンで水道の流しっぱなしに気を付ければ、1分間で約12リットルの貴重な水資源を節水できるということになります。

 

ただ、簡単に試せる内容だったこともあり、我が家で3回ほど実験を試みたんですが、平均値は「8リットル」でした。
私は、東京都にも数年住んでいた経験がありますが(現在は福岡)、水圧の違いは感じられません。蛇口が全開に近い試算なのかもしれませんので、ご注意ください。

 

家庭での水の使われ方

円グラフ「水の使われる割合」

風呂、トイレ、炊事、洗濯を合わせると94%となり、この4つのシーン全てで節水を心掛けることにより、大きな節約効果が期待できそうです。今後もこのシーン別の節約術を、実体験を交えながらご紹介したいと思います。

 

家計の節約を考える上で、重要な項目となる「食費」「電気代」「スマホ・携帯電話の月額料金」の平均についてまとめた記事も、是非ご覧ください。

食費の平均はいくら?【地域別・一人暮らし~大家族】の平均を調査
食費や外食費の節約を考えるとき、まずは自宅のある地域や、一人暮らし~大家族といった世帯人数別の平均金額を把握するところから始めると効率的に節約が行えます。電気代や水道料金とは異なり、その都度、手元から現金がなくなっていくことが多いので、理解しやすく取り組みやすい部門です。
電気代の平均はいくら?【地域別・一人暮らし~大家族】の平均を調査
電気代の節約を考えるとき、まずは自宅のある地域や世帯人数別(一人暮らし~大家族)の平均金額、自宅にある電気機器の種類とその使用量の割合などを把握するところから始めると効率的に節電が行えます。電気料金の4割以上を占める冷蔵庫、照明器具、テレビ、エアコン、これらを中心に節電に取り組むことで、大きな節約効果が期待できます。
スマホ・携帯電話の月額料金の平均は?【地域別・世帯人数別】で調査
現在では、生活必需品ともいえる地位を確立したスマートフォンや携帯電話。節約対象として必ずと言っていいほど紹介される部門ですので、地域別、世帯人数別に分けてスマホ・携帯電話料金の月額平均をご紹介します。

 

出典:家計調査(総務省統計局)、東京水読本(東京都水道局)

 

コメント