【アレンザHD(3546)の株主優待】JCBギフトカード!クロス取引での取得方法とコストシミュレーション

アレンザHDの株主優待「JCBギフトカード」

アレンザHDの株主優待「JCBギフトカード」

 

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アレンザホールディングス(3546)の株主優待

アレンザホールディングス(3546)の基本情報

コード3546銘柄名アレンザホールディングス
権利確定
月日
2月末日権利付
最終日
2020年2月26日
単元株数100株株価975円
最低株数100株最低
投資金額
97,500円
優待内容JCBギフトカード優待価値1,000円相当
優待
利回り
1.03%
1株配当26.00円配当
利回り
2.67%
貸借区分貸借優待配当
利回り
3.69%
発行済
株式数
3,015万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2020年2月21日注意事項※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

アレンザホールディングス(3546)の株主優待内容

2月末日現在、100株以上所有の株主に、所有株式数に応じてJCBギフトカードを贈呈。

  • 100株以上:1,000円分
  • 500株以上:3,000円分
  • 1,000株以上:5,000円分
  • 3,000株以上:10,000円分
【JCBギフトカード】使えるお店やコンビニは?取扱店やおつりなどの概要、6つの購入方法まで徹底解説。
JCBギフトカードの取扱店、おつりや有効期限などの基本情報、主な使えるお店や使い方に加え、具体的な6つの購入・入手方法などを、私自身の体験談を交えながら、幅広く解説しています。

 

スポンサーリンク

アレンザホールディングス(3546)の企業紹介

アレンザホールディングス-会社ロゴ

引用元:アレンザホールディングス

  • 商号:アレンザホールディングス株式会社
  • 設立・上場:2016年(持株会社体制)
  • 本社:福島県福島市 業種:小売業
  • (株)ダイユーエイトと(株)リックコーポレーションが持株会社として設立。
  • 2019年にはバローホールディングスと経営統合。
  • ホームセンターの「ダイユーエイト」・「バロー」など、ペットショップでは「ペットワールドアミーゴ」などを運営。店舗数はともに100店舗超。

 

アレンザホールディングス(3546)の株主優待をクロス取引で取得する方法とコストシミュレーション

クロス取引の前に最低限の数値DATA等を把握

  • 直近の株価水準での最低投資金額は10万円前後
  • 貸借銘柄で制度クロスも可
  • アレンザHDの貸借選定は2017年11月
  •  過去の100株あたりの逆日歩
    • 2018年2月…1日分:1,040円
    • 2019年2月…1日分:810円
  • 発行済株式数:約3,015万株
  •  一般信用売りの在庫
    • auカブコム証券:
    • GMOクリック証券:
    • SBI証券:
    • SMBC日興証券:
    • 楽天証券:

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 優待品の「JCBギフトカード」に魅力があるせいか、過去2回の基準日では、赤字必至の逆日歩が発生しています。制度クロスは避けた方が良さそうです。
  • 一般信用売りの在庫は少な目で、欲しい人たちの分があるわけではありません。基準日近くのカブコムの倍率は常に高倍率の印象があります。
  • 前回の基準日では、SBI・GMOでも在庫解放がありました。どちらも争奪戦だったと記憶しています。つまり、初日で枯渇。

以上を踏まえて、コストシミュレーションは、コスパが良い100株と500株。

 

スポンサーリンク

100株:1,000円分の場合(投資額9.5~10.5万円)

  • GMOクリック証券
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(短期)売り」
    • 2月27日の権利落ち日に現渡
    • コスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料
  • auカブコム証券
    • 10万円以下のクロス:「現物買い」×「一般信用(長期)売り」
    • 10万円超のクロス:「一般信用買い」×「一般信用(長期)売り」+「当日に買建玉を品受」
    • 2月27日の権利落ち日に品渡
    • 10万円以下のコスト=現物買い手数料+品渡料+貸株料
    • 10万円超のコスト=品受料+品渡料+金利+貸株料
  • SMBC日興証券
    • クロス:「制度信用買い」×「一般信用売り」+「当日に買建玉を現引」
    • 2月27日の権利落ち日に現渡
    • コスト=金利+貸株料
投資金額95,000円100,000円105,000円
証券会社GMOauK日興GMOauK日興GMOauK日興






現物現物制度現物現物制度現物一般制度
短期長期一般短期長期一般短期長期一般
1/2734397130408137527144
1/2833391127401133520140
1/2932385123395130514136
1/3029368112377118495124
1/3128362109371114488120
2/327356105364110482116
2/426350101358107475112
2/52544434498457352103527469108
2/622413327874253349149444996
2/720393315794043218447243688
2/1019383309763933158046043084
2/1218373303723833097644942380
2/1315343286613512906441640468
2/1414333280583412846140539864
2/1713323274543302785739439160
2/1812313268503202725338338556
2/1911303262473092664937237851
2/207263239322672413432835235
2/216253233282562353031634631
2/255243227252462292630533927
2/264233221212352232229433323

※概算数値

500株:3,000円分の場合(投資額47.5~52.5万円)

  • GMOクリック証券
    • クロス:「一般信用買い」×「一般信用(短期)売り」+「当日に買建玉を現引」
    • 2月27日の権利落ち日に現渡
    • コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
  • auカブコム証券
    • クロス:「一般信用買い」×「一般信用(長期)売り」+「当日に買建玉を品受」
    • 2月27日の権利落ち日に品渡
    • コスト=品受料+品渡料+金利+貸株料
      • 50万円超は品受・品渡を400株と100株に分割したほうが安い。
      • 500株・52万円⇒592円
      • 400株と100株⇒198円+148円=346円
  • SMBC日興証券
    • クロス:「制度信用買い」×「一般信用売り」+「当日に買建玉を現引」
    • 2月27日の権利落ち日に現渡
    • コスト=金利+貸株料
投資金額475,000円500,000円525,000円
証券会社GMOauK日興GMOauK日興GMOauK日興






一般一般制度一般一般制度一般一般制度
短期長期一般短期長期一般短期長期一般
1/2734144165214966862339721
1/2833141263414656672306700
1/2932138261614346482274680
1/3029129456113425902177620
1/3128126554313115712145600
2/327123652412805522112580
2/426120750612495332080560
2/525165311774881720121851419412048539
2/622150210904331562112645617751951479
2/720140210313971456106441816641886439
2/1019135210023791403103439916091853419
2/121813029723601351100337915541821398
2/13151152885306119291032213871724338
2/14141101855288114087930313321692318
2/17131051826269108784928412771659298
2/18121001797251103481826412211627278
2/191195176723398278724511661595257
2/2077516501607716641689441465177
2/2167016211427186331498891433157
2/2556515921246656021308341400137
2/2646005621056125711117781368117

※概算数値

【アレンザHD(3546)の株主優待】JCBギフトカード!まとめ

  • アレンザホールディングスの株主優待は、保有株式数に応じたJCBギフトカード。
  • 100株:1,000円分/500株:3,000円分/1,000株:5,000円分/3,000株以上:10,000円分
  • 一般在庫が少ない上にJCBギフトカードが人気なので、一般クロスが難しい銘柄。
  • 一般クロスができなかった人たちが流れるせいか、過去2回の逆日歩はどちらもほぼ赤字レベル。
  • SBI・GMO・楽天は初日勝負が濃厚。

 

おすすめ全銘柄一覧はこちら

【2020年】2月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!

人気ランキングはこちら

【2月 株主優待】人気ランキング(クロス取引編)

 

※記事内容は、2020年2月21日が基準となっています。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました