【ビーロット(3452)の株主優待】QUOカード!クロス取引での取得方法とコストシミュレーション

ビーロットの株主優待「QUOカード」

ビーロットの株主優待「QUOカード」

 

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビーロット(3452)の株主優待

ビーロット(3452)の基本情報

コード3452銘柄名ビーロット
権利確定
月日
12月末日権利付
最終日
2019年12月26日
単元株数100株株価1,948円
最低株数100株最低
投資金額
194,800円
優待内容QUOカード優待価値1,000円相当
優待
利回り
0.51%
1株配当50.00円配当
利回り
2.57%
貸借区分信用優待配当
利回り
3.08%
発行済
株式数
823万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年12月13日注意事項※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

ビーロット(3452)の株主優待内容

12月31日時点の株主名簿に記録された100株以上保有している株主が対象。

  • 100株以上:QUOカード1,000円分
  • 上記は2018年実績(発表は2018年12月17日)
  • 2019年の内容が発表されました(2019年12月16日付)
    • 内容は前回基準日同様、100株で1,000円分のQUOカードです。
  • 関連記事:【QUOカード】使えるお店や使い方
【QUOカード】使えるお店や使い方。シーン別利用方法の完全ガイド。
累計400枚以上のQUOカード使ってきた筆者が、日用品や食料品での使い方、書籍はもちろん文具や雑貨の購入で使えるお店、ガソリン給油時の注意点、使える飲食店、ディズニーチケットの入手方法などを徹底解説します。

 

スポンサーリンク

ビーロット(3452)の企業紹介

ビーロット-会社ロゴ

引用元:ビーロット

  • 商号:株式会社ビーロット
  • 設立:2008年 上場:2014年
  • 本社:東京都 業種:不動産業
  • 中古ビル・マンション等を自社で取得し、リノベーションで資産価値を高めた上で市場に供給。
  • 顧客は主に富裕層。投資用、事業継承、節税対策、相続対策など。

 

ビーロット(3452)の株主優待をクロス取引で取得する方法とコストシミュレーション

クロス取引の前に最低限の数値DATA等を把握

  • 直近の株価水準での投資金額は20万円前後
  • 信用銘柄で制度クロスは不可
  • 一般信用売りの在庫(12月13日現在)
    • auカブコム証券:「長期」8,000株(抽選時)
    • GMOクリック証券:「短期」上限200株
    • SBI証券:なし
    • SMBC日興証券:なし
    • 楽天証券:なし

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 11月19日のカブコムの抽選に、800株だけ長期在庫が出現しました。
  • 2018年は、カブコム・SBIでは在庫が解放されず、GMOにだけ在庫が出現した銘柄です。
  • 発行済株式数が823万株しかないので、今後の大きな在庫解放は期待できません。

 

以上のことを踏まえて、コストシミュレーションは最短から。

  • auカブコム証券では、12月16日約定分から、信用取引手数料、買方金利、売方貸株料、品受・品渡 事務手続き料が変更・新設されます。(商品概要/2019年12月13日以降更新)。
  • また、12月13日までに「買い」と「売り」の手数料を支払ってクロス取引を行い、同一銘柄の「現物株式」と「一般信用売建玉」を保有している場合でも、12月27日権利落ち日の品渡で、再度「事務手続き料」がかかるようです。
  • したがって、下記カブコムのコストシミュレーションは、以下の条件でコストを算出しています。
    • 12月16日以降の約定(信用手数料無料)
    • 約定代金10万円以下は現物買い(99円・金利なし・品受料なし)
    • 約定代金10万円超は一般信用買い(金利:3.79%・品受料あり)
      • 約定日当日に品受するので金利は1日分
    • 売りはすべて一般信用「長期」売り(貸株料率2.25%・品渡料あり)
      • 貸株日数分の貸株料が必要
    • 品受・品渡 事務手続き料は建玉金額による段階制

 

スポンサーリンク

 

  • 20万円以下のGMOクリック証券
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(短期)売り」
    • 12月27日の権利落ち日に現渡
    • コスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料
  • 20万円超のGMOクリック証券とauカブコム証券は共通
    • クロス:「一般信用買い」×「一般信用(短期または長期)売り」+「クロス当日に買建玉を現引または品受
    • 12月27日の権利落ち日に現渡または品渡
    • GMO コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
    • カブコム コスト=品受料+品渡料+金利+貸株料
投資金額185,000円195,000円205,000円
証券会社GMOKcomGMOKcomGMOKcom
クロ
ス日
貸株
日数
現物一般現物一般一般一般
一般一般一般一般一般一般
12/1620日分640543661557818670
12/1719日分621532641545796657
12/1818日分601520620533774645
12/1915日分543486559497710607
12/2014日分523475538485688594
12/2313日分504463517473666582
12/2412日分484452497460645569
12/2511日分465441476448623556
12/268日分406406415412558518

※概算数値

【ビーロット(3452)の株主優待】QUOカード!まとめ

  • ビーロットの株主優待は、100株一律、1,000円分のQUOカード。
  • 株主優待制度は2017年に導入され、2018年も同内容で実施されているが、「毎年」とは決まっていない。
  • 一般信用売りの在庫は極めて少ない。
  • 信用銘柄で制度クロスは不可。

 

おすすめ全銘柄一覧はこちら

【2019年】12月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!

人気ランキングはこちら

【12月 株主優待】人気ランキング(クロス取引編)

 

※記事内容は、2019年12月13日が基準となっています。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント