【トーホー(8142)の株主優待】クロス取引での取得方法とコストシミュレーション

トーホーの株主優待

引用元:トーホー|株主優待情報

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トーホー(8142)の株主優待

トーホー(8142)の基本情報

コード8142銘柄名トーホー
権利確定
月日
1月末日権利付
最終日
2023年1月27日
単元株数100株株価1,737円
最低株数100株最低
投資金額
173,700円
優待内容社会貢献への寄付
買物割引券
トーホーセレクト商品
優待価値5,000円相当
優待
利回り
2.88%
1株配当20.00円配当
利回り
1.15%
貸借区分貸借優待配当
利回り
4.03%
発行済
株式数
1,101万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2022年11月29日注意事項※最新情報では
ありません
※数値は概算

※「優待価値:5,000円相当」は買物割引券

 

トーホー(8142)の株主優待内容

  • 所有株式数および所有期間に応じてA~Dコースより1点選択。
  • 基準日:1月31日(贈呈時期:6月下旬頃)
    • Aコース:社会貢献への寄付
    • Bコース:買物割引券のみ
    • Cコース:買物割引券+商品
    • Dコース:商品のみ
  • 100株以上
    • Aコース:1,000円
    • Bコース:100円×50枚
  • 200株以上 かつ 1年以上
    • Aコース:2,000円
    • Bコース:100円×200枚
    • Cコース:100円×100枚+トーホー(コーヒー)セレクト商品(星または宙)
    • Dコース:トーホーセレクト商品(月)またはトーホーコーヒーセレクト商品(雪)
  • 400株以上 かつ 1年以上
    • Aコース:4,000円
    • Bコース:100円×400枚
    • Cコース:100円×200枚+トーホー(コーヒー)セレクト商品(星または宙)
    • Dコース:トーホーセレクト商品(華)またはトーホーコーヒーセレクト商品(虹)
  • 買物割引券は、1,000円(税込)以上の買い物につき、1,000円毎に1枚(100円)利用可能。
  • 買物割引券の利用可能店舗
    • トーホーストア-各店(店舗一覧
    • Aプライス-各店(店舗一覧
    • トーホー せんどば-船橋店
    • ニッショク・こまつや-各店
    • トーホー・北関東-簗瀬支店、那須支店
  • 優待品の選択方法およびトーホーセレクト商品の内容は、毎年3月下旬頃に郵送で、返信用ハガキとともに案内。
  • 公式:トーホー|株主優待情報

 

スポンサーリンク

トーホー(8142)の企業紹介

トーホーの会社ロゴ

引用元:トーホー

  • 商号:株式会社トーホー
  • 設立:1947年 上場:1983年
  • 本社:兵庫県神戸市 業種:卸売業
  • 業務用食品の卸売事業や「トーホーストア」・「Aプライス」などの食品スーパー事業を展開。
  • 業務用食品卸の売上高は国内首位。ホテル・レストラン・チェーン店など、あらゆる外食産業に商品販売。

 

トーホー(8142)の株主優待をクロス取引で取得する方法とコストシミュレーション

クロス取引の前に最低限の数値DATA等を把握

  • 直近の株価水準での最低投資額は15~20万円
  • 割引券のヤフオク!相場は額面の10%前後(10月下旬)
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能
  • 過去の100株あたりの逆日歩
    • 2017年1月…1日分:400円
    • 2018年1月…1日分:380円
    • 2019年1月…1日分:390円
    • 2020年1月…3日分:390円
    • 2021年1月…3日分:315円
    • 2022年1月…1日分:200円
    • 2023年1月…逆日歩1日分
  • 発行済株式数:約1,101万株
  • 一般信用売りの在庫(11月29日現在/概数)

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 発行済株式数自体が少ないため、基本的には一般在庫が少ない銘柄です。
  • ただ、ヤフオク!相場を見ても分かる通り、人気も限定的です。

コストシミュレーションは100株。

 

スポンサーリンク

 

-GMOクリック証券-

  • 【1日定額プラン】現物、制度、一般、それぞれ1日の約定代金の合計が100万円まで手数料無料(最大300万円まで無料)
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(短期)売り」
    • 1月30日の権利落ち日に現渡
    • コスト=貸株料

-auカブコム証券-

  • 【1日定額手数料】現物+信用の1日の約定代金の合計が100万円まで手数料無料
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(長期)売り」
    • 1月30日の権利落ち日に品渡
    • コスト=貸株料(+プレミアム料)(+管理費)
      • 下表にはプレミアム料が加算されていません
      • 12/29までのクロス:管理費110円

-SMBC日興証券-

  • 【ダイレクトコース】信用取引手数料無料
    • クロス:「制度信用買い」×「一般信用売り」+「当日に買建玉を現引」
    • 1月30日の権利落ち日に現渡
    • コスト=金利+貸株料
投資金額170,000円180,000円190,000円
証券会社GMOauK日興GMOauK日興GMOauK日興






現物現物制度現物現物制度現物現物制度
短期長期一般短期長期一般短期長期一般
12/951466344487364508385
12/1250459338480358500377
12/1644417299435316454334
12/1943410292428309446326
12/2337368253384268399283
12/2636362246376261391275
12/3028196194207206219217
1/427189188200199211210
1/523161162170171180181
1/622154155163164172173
1/1021377147149399155157421164166
1/1120359140142380148150401156159
1/1217305119122323126130341133137
1/1316287112116304118123321125130
1/1615269105109285111116301117122
1/171425198103266104109281109115
1/1813233919624796102261102108
1/1910179707719074812007886
1/209161637017167741807079
1/238143566415259681606271
1/247126495713352611405564
1/256108425111444541204757
1/263542131572233602335
1/272361425381526401628
証券会社GMOauK日興GMOauK日興GMOauK日興
投資金額170,000円180,000円190,000円

※概算数値

【トーホー(8142)の株主優待】まとめ

  • トーホーの株主優待は、主に、100株で5,000円分の買物割引券。
  • ヤフオク!での取引相場は、額面の1割前後と人気がない。
  • 必要資金は15~20万円。
  • 一般在庫は少なめ。
  • 貸借で制度クロスも可能だが、過去6年間、毎年約400円の逆日歩が発生。

 

おすすめ全銘柄一覧はこちら

【2023年】1月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!

人気ランキングはこちら

【1月 株主優待】人気ランキング(クロス取引編)

 

※記事内容は、2022年11月29日が基準です。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました