【ヤフオク出品方法①】ヤフオクとは?手続きや手数料、流れを解説

パソコンを操作する指

スポンサーリンク

はじめに

今回は、一度覚えてしまえば、長期に渡って間違いなく家計の力になってくれる

Yahoo! JAPANが運営する「ヤフオク!」についてご紹介します。

私は現在、50品ほどの商品を出品中ですが、始める前は、本当に右も左もわからない状態で、さまざまなブログやサイトを訪問して勉強しました。

当初は私も、誰もが考えるであろう「家にある不用品を売ってお金に換える」ことを念頭に、ヤフオクを始めたんですが、やはり、車の免許と同じように、実際に経験してみないとわからない注意点やコツ、さらにその先にある、ネットの勉強では得られにくい領域も見えてきました

具体的には、「家にある不用品を売る」という決まり文句に捕らわれる必要はなく、

  1. 今現在、家になくても構わないし
  2. 不用品でなくても構わない

ということです。さらに細かく言うと、

  1. は、今後新たに手に入れるもの、例えば、洋服、書籍、家電などを衝動買いや失敗買いするリスクを大幅に低減してくれること。つまり、最初からヤフオクで売る選択肢があることを念頭に買い物ができるということです。
  2. は、例えば切手です。1万円分の切手が自宅にあっても「不用品」だと言って処分してしまう方は通常はいません。でもそれが、買取などで安くたたかれて額面割れしたりせず、額面のままお金に形を変えれば、切手のままの状態より非常に有意義に利用できます。(※ここでは切手を出品するのではなく、出品商品の送料に使うことを指しています。)

 

「切手の換金」に関して、こちらの関連記事もご覧ください。

ゆうパックなどの荷物の送料に切手を使う節約術と切手の換金方法

ゆうパックなどの荷物の送料に切手を使う節約術と切手の換金方法
昔あった切手ブームを根拠とした、自宅や実家でのお宝さがし、離れた家族への荷物の送料に切手が使用できる「ゆうパック」や「定形外郵便」を利用した節約術、荷物を送る相手がいない場合の「ヤフオク」を利用した節約術、切手の額面割れしない現金化方法などをご紹介します。

 

ヤフオク等の経験が豊富な方や理解の早い方は「なんだ当たり前のことか」と思われるかもしれませんが、私はこれらのことに気付いていなかったので、利用する前よりはるかに利用価値が増しました。

この記事では、まだヤフオクで出品したことがない方に向けて、まずは全体の流れ、手数料などについてご紹介します。

 

ヤフオクとは?

Yahoo! JAPANが運営するインターネットオークションサービス
出品数は常時6,300万個以上
フリマ商品:6割、オークション商品:4割
売れた商品の6割が3,000円以下の商品
カテゴリ数:40,000以上
安心して取引できた割合「96%」

 

スポンサーリンク

出品するために必要な手続き

Yahoo! JAPAN IDを取得する

Yahoo! JAPAN IDは、Yahoo! JAPANが提供するサービスを利用するためのIDです。Yahoo!メールやヤフオク!など、ログインが必要なサービスを利用する際、パスワードと組み合わせて使います。

  1. Yahoo! JAPANトップページ、またはヤフオク!トップページ上部の「IDでもっと便利に(新規取得)」をクリック。
  2. 必要事項を入力し利用規約等を確認後「Yahoo! JAPAN IDを登録」をクリック。

※ヤフオク!では、ここで登録したIDが公開されます。個人が特定できるような文字列(名前・誕生日・電話番号など)にはご注意ください。

 

「Yahoo! JAPAN ID」関連記事。

【Yahoo! JAPAN ID】後悔しないための登録方法。

【Yahoo! JAPAN ID】後悔しないための登録方法。
Yahoo! JAPAN IDの登録方法についてご紹介しています。気軽に登録できる一方で、利用するサービスによっては個人情報の漏洩などの危険もあるため、登録の際には注意が必要です。後悔しないための注意点も合わせてご紹介します。

Yahoo!プレミアムに会員登録する

2018年11月12日より、「Yahoo!プレミアム」会員登録なしでも「オークション出品」が可能になりました。

パソコンなどのブラウザからのオークション出品にはYahoo!プレミアム会員登録が必要です。Yahoo!プレミアムは、

  • ヤフオク!での「落札システム利用料」が割引
  • Yahoo!ショッピング・LOHACOで買い物をすると、Tポイントが5倍
  • Yahoo!トラベルの予約でTポイントが5倍
  • 雑誌100誌・漫画1万冊が読み放題

などの特典が受けられる、月額462円(税抜)の有料サービスです。

特典一覧 – Yahoo!プレミアム

※Yahoo!プレミアムの会員登録無しの場合、落札システム利用料が若干割増しになるほか、機能制限があります。

 

Yahoo!プレミアムの会員登録は、

  1. ヤフオク!で利用するYahoo! JAPAN IDでログイン。
  2. Yahoo!プレミアムの専用ページで「Yahoo!プレミアムに会員登録する」を選択。
  3. 申込内容を確認して登録する。
  4. モバイル確認または本人確認を行う。
  5. 出品者情報利用設定を行う。
  6. Yahoo!かんたん決済受取口座の設定(落札代金を受け取る口座)

※Yahoo!プレミアムの利用料は、Yahoo!ウォレットに登録した支払い方法で支払いますが、登録が済んでいない場合は、住所や支払い方法などを登録するページが表示されます。また、個々の登録内容により、上記順番が異なる場合、その他の設定が必要になる場合があります。

 

「Yahoo!プレミアム」関連記事。

【Yahoo!プレミアム】会員特典の詳細やお得な利用方法・メリットを解説!

【Yahoo!プレミアム】会員特典の詳細やお得な利用方法・メリットを解説!
【Yahoo!プレミアム】の会員特典やお得な利用方法・メリットについてご紹介しています。大多数の会員の方々が、豊富な特典を理解しないまま利用している状況ではないでしょうか。「Yahoo! JAPANカード」との連携や、充実した補償内容など、知って得する特典が満載ですので、是非一度ご覧になってください。

出品に関する費用

ヤフオクでは、落札者側には商品代金(送料)以外の費用は発生しませんが、出品者側には、Yahoo! JAPANに支払う費用が発生します

  • Yahoo!プレミアム会員費:月額462円(税抜)(必須ではありません)
  • 落札システム利用料:商品代金の8.64%(税込)
  • オプション利用料、配送サービス利用料:利用すればかかる費用
  • 出品取消システム利用料:500円(税抜)(入札がある場合のみ)

Yahoo!プレミアム会員でない場合、落札システム利用料が10%(税込)となります。

※車・バイクなどの特定カテゴリは料金が異なります。

 

「出品に関する費用」関連記事。

【ヤフオク出品者の手数料】必ずかかる費用と利用に応じてかかる費用。

【ヤフオク出品者の手数料】必ずかかる費用と利用に応じてかかる費用。
ヤフオクの出品者にかかる手数料について、必ずかかる費用と利用に応じてかかる費用に分け、私自身の経験を交えながらご紹介しています。

 

スポンサーリンク

出品~落札~入金までの流れを把握する

必要な手続きを行い、かかる費用を把握した後は、いよいよ出品作業に入るわけですが、ここでは、出品から入金までの全体の流れをご紹介します。

時間流れ↓出品者落札者
出品商品の準備『 何かいいもの

ないかな…

あった! 』

写真撮影
商品説明の入力・画像登録
ヤフオク!

売場内

出品(公開)
質問する
質問に答える『考え中…』
オークションの管理

「アクセス数・ウォッチリスト数」など

『決めた!』
『売れた!』入札
落札
落札後の

取引ナビ

落札者が
情報を公開
出品者も
情報を公開
支払い
発送連絡
受取連絡
お互いを評価
入金
オンライン
オフライン
待 機

多少の前後はありますが、このタイムテーブルで取引が進むのが一般的です。慣れるまでは出品作業に時間がかかりますが、5品~10品も出品すれば、入力はわずか数分でできるようになります。

最も時間がかかるのは、厚みがあるものの梱包作業です。薄いものは封筒を使えば簡単ですが、立体的なものはそれなりの経験が必要になってきます。

このあたりのご紹介も、今後記事にしていきたいと思っています。

 

発送に関する関連記事。

 

おわりに

ヤフオク!の出品を身に着けることは、家計の力になる方法として最も早く、しかも長期的な効果が期待できますので、是非ご検討ください。

また、Yahoo!プレミアムにかかる月500円ほどの費用は、わずか1~2品でもとが取れますし、おすすめの「Yahoo! JAPANカード」と「0のつく日」・「5のつく日」キャンペーンなどと合わせれば、Yahoo!ショッピングやLOHACO(ロハコ)での買い物でポイント倍率が最低でも9倍になる方法がありますで、ヤフオク!を始めることの相乗効果は想像以上です。是非ご検討ください。

 

次回の記事では、忘れがちな、出品前に準備しておきたいものについてご紹介しますので、こちらも合わせてご覧ください。

【ヤフオク出品方法②】はかり・袋・段ボールなど準備する道具を解説

【ヤフオク出品方法②】はかり・袋・段ボールなど準備する道具を解説
必ず家計の力になるヤフオク!についてご紹介しています。2回目のこの記事では、出品前に準備しておきたいものとして、送料を調べるための「はかり」、発送するための「袋・段ボール」などの道具、送料の調べ方などについてご紹介しています。

 

※金額・サービスなどは2018年9月現在のものです。

コメント