【シークス(7613)の株主優待】クロス取引での取得方法とコストシミュレーション

VJAギフトカードとご利用の手引き

VJAギフトカード

 

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シークス(7613)の株主優待

シークス(7613)の基本情報

コード7613銘柄名シークス
権利確定
月日
12月末日権利付
最終日
2021年12月28日
単元株数100株株価1,179円
最低株数100株最低
投資金額
117,900円
優待内容VJAギフトカード優待価値1,000円相当
優待
利回り
0.85%
1株配当30.00円配当
利回り
2.54%
貸借区分貸借優待配当
利回り
3.39%
発行済
株式数
5,040万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2021年10月8日注意事項※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

シークス(7613)の株主優待内容

毎年12月末日現在、100株以上の株式を保有する株主を対象に、VJAギフトカードを贈呈。

  • 100株以上:1,000円分
  • 500株以上:2,000円分
  • 1,000株以上:3,000円分
  • 長期保有優待(抽選優待):自社海外工場の視察を含む旅行に、抽選で10名の株主を招待。
    • 毎年12月末日を基準日として、100株以上を1年以上連続保有の株主を対象に抽選による優待を実施。
    • 抽選時期:毎年2月頃。
    • 当選発表:当選株主に別途通知。
    • 旅行時期:自社が指定する時期。
    • 権利の譲渡:株主自身が旅行に参加できない場合は、二親等以内で18歳以上の家族に譲渡可能。
【VJAギフトカード】使えるお店やコンビニは?取扱店やおつりなどの概要と6つの購入方法
VJAギフトカードの取扱店、おつりや有効期限などの基本情報、主な使えるお店や使い方に加え、具体的な6つの購入・入手方法などを、私自身の体験談を交えながら、幅広く解説しています。

 

スポンサーリンク

シークス(7613)の企業紹介

シークス-ロゴ

引用元:シークス

  • 商号:シークス株式会社
  • 設立:1992年 上場:1999年
  • 本社:大阪府大阪市 業種:卸売業
  • 車載関連機器、家庭電気機器などの製品に組み込まれる部品・モジュール・回路基板などを取扱う。
  • 世界中から部材を調達し、自社工場や関連工場で製造して納品するワンストップサービスが特徴。
  • 北米、南米、欧州、アジアなど世界中にネットワークを持つ。

 

シークス(7613)の株主優待をクロス取引で取得する方法とコストシミュレーション

クロス取引の前に最低限の数値DATA等を把握

  • 直近の株価水準での最低投資額は10~15万円
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能
  • 過去の100株あたりの逆日歩
    • 2016年12月…5日分:425円
    • 2017年12月…6日分:0円
    • 2018年12月…7日分:70円
    • 2019年12月…7日分:245円
    • 2020年12月…5日分:250円
    • 2021年12月…逆日歩5日分
  • 発行済株式数:5,040万株
  • 一般信用売りの在庫(10月9日現在/概数)

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 発行済が5,000万株超ということで一般在庫は豊富ですが、人気のギフト券ということでクロス需要は満たせないかもしれません。

コストシミュレーションは100株。

 

スポンサーリンク

 

-GMOクリック証券-

  • 【1日定額プラン】現物、制度、一般、それぞれ1日の約定代金の合計が100万円まで手数料無料(最大300万円まで無料)
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(短期)売り」
    • 12月29日の権利落ち日に現渡
    • コスト=貸株料

-auカブコム証券-

  • 【1日定額手数料】現物+信用の1日の約定代金の合計が100万円まで手数料無料
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(長期)売り」
    • 12月29日の権利落ち日に品渡
    • コスト=貸株料(+プレミアム料)(+管理費)
      • 10/28までのクロス:管理費220円
      • 11/26までのクロス:管理費110円
      • 下表にはプレミアム料が加算されていません

-SMBC日興証券-

  • 【ダイレクトコース】信用取引手数料無料
    • クロス:「制度信用買い」×「一般信用売り」+「当日に買建玉を現引」
    • 12月29日の権利落ち日に現渡
    • コスト=金利+貸株料
投資金額110,000円120,000円130,000円
証券会社GMOauK日興GMOauK日興GMOauK日興






現物現物制度現物現物制度現物現物制度
短期長期一般短期長期一般短期長期一般
10/1184600362634395669428
10/1578573337605367637398
10/1877568332600363631393
10/2271541307570335599363
10/2570536303565330594358
10/2964399278426303452328
11/162390269416294441318
11/557368248391271415293
11/856363244386266409288
11/1250336218357238377258
11/1549332214352234372253
11/1942300185317202334218
11/2241295181312197329213
11/2636273159288174302188
11/2935158155173169187183
11/3034154151168165182178
12/133149147163160176173
12/230136134148146160158
12/329131130143142155154
12/628127126138137150149
12/727122121133132144144
12/826118117128128139139
12/923267104105291113114315123124
12/102225599100278108109302118119
12/13212449596266104105288112114
12/1420232909225399100274107109
12/151922086882409496261102104
12/1616186727520379822198589
12/1715174687119074772068084
12/2014162636717769731927579
12/2113151596216564681786974
12/2212139545815259631656469
12/239104414611444501234854
12/24893364110139451104349
12/277813237893540963744
12/286702733763036823239
証券会社GMOauK日興GMOauK日興GMOauK日興
投資金額110,000円120,000円130,000円

※概算数値

【シークス(7613)の株主優待】まとめ

  • シークスの株主優待はVJAギフトカード。
  • 100株で1,000円分、500株で2,000円分、1,000株で3,000円分。
  • 最低必要資金は10~15万円。
  • 一般在庫は豊富だが、人気の方が上回るかも。
  • 制度クロスも可能。逆日歩は優待価値に対してちょっと大きめ。

 

おすすめ全銘柄一覧はこちら

【2021年】12月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!

人気ランキングはこちら

【12月 株主優待】人気ランキング(クロス取引編)

 

※記事内容は、2021年10月8日が基準となっています。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

  1. elcl より:

    藤原さん こんばんは。
    資金に余裕がある場合ということですが、10月や11月のように優待閑散期は、どうしても資金は遊んでしまいますね。これは上級者たちも同じだと思います。
    優待だけでなく、スイングや長期もやっている方なら別ですが、そうでない場合は我慢の時期になってしまうと思います。
    あとは研究でしょうか。例えば、長期優遇制度がある銘柄をすべて調べ上げて、その中で単元未満株(端株)さえ持っていれば長期判定されそうな銘柄をピックアップして1株だけ買うといった資金の活用。
    1銘柄2,000円としても50銘柄で10万円ですから大きな額にはなりませんが、それなりのリターンは期待できます。
    証券会社別のコストですが、私が今記事で掲載しているカブコムとGMOのコストは、その他の一般売りサービスを行っている代表的な証券会社、SBI・楽天・日興との比較になるという前提で掲載しています。
    例えば、よく比較されるのがGMO・SBI・楽天のコストですが、GMOのコストがどんな場合でも他の2社よりちょっと安いのでGMOだけを掲載、カブコムと日興ではどんな場合でも日興の方が安くなりますが、
    一般在庫の株数の多さや日中は忙しくて在庫なんか見てる暇はないといった方々のことを想定してカブコムのコストを掲載しています。カブコムは抽選があり、ある程度平等、日興はずっとネットの前に
    張り付いている人が圧倒的に有利でプロ向きです。
    あとは、私のサイトを見に来てくれる人の8割がスマホの方で、横幅が足りないから2社しかコストを載せられないといった理由も、実はあります。
    最後に「手数料で負けてマイナス」ということは、事前にコストが分かっていない状態でクロスをされているということでしょうか。
    もしそうであれば、クロス取引のコスト計算は必須作業ですので、コスト計算を行った上でのクロス取引をおすすめします。
    私の勘違いかもしれませんが、一般信用クロス取引では、ミスがない限り勝率は理論上100%ですので、もしマイナスになることがあるのであれば、クロス取引に至るプロセスに、何かしらの問題があるものと思われます。
    よろしければ、GMOとカブコムでのクロス取引をリアルタイムで解説した、こちらの記事を見てみてください。原因がはっきりするかもしれません。
    【カブドットコム証券】クロス取引(つなぎ売り)リアルタイム解説!(https://enjoy-lcl.com/archives/9481)
    【GMOクリック証券】クロス取引(つなぎ売り)リアルタイム解説!(https://enjoy-lcl.com/archives/9178)

  2. 藤原 秀起 より:

    いつも楽しく拝見させていただいています。

    まだ、初心者なのですが、毎月資金に余裕があったらどの銘柄を、クロス取引したら良いか参考になる情報をお願いできないでしょうか?

    銘柄が少ない時の資金活用法、など

    最近、手数料に負けてマイナスになる時も多いです、証券会社別コスト比較などもお願いします。

タイトルとURLをコピーしました