【おこめ券】使えるお店やコンビニは?お米以外での使い方まで幅広く解説します。

「おこめ券」見本3枚

引用元:ごはん彩々-おこめ券とは・ご利用シーン

 

おこめ券」は、全米販(全国米穀販売事業共済協同組合)が発行するお米の商品券です。全国のお米屋さん、スーパー、デパートなど、ほとんどのお米取扱店で利用できます。

クレジットカードやギフトカード、電子マネーが使えないお店でも使用できることが多く、贈り物や企業活動などで幅広く利用されています。

この記事では、おこめ券の利用可能店舗、おつりや有効期限などの基本情報、お米以外での使い方などを、私自身の体験談を交えながら、幅広く解説しています。

 

スポンサーリンク

おこめ券の利用可能店舗、おつり、有効期限などの概要

基本情報

公式サイトごはん彩々
発行元全国米穀販売事業共済協同組合
利用可能店舗数全国約10万店
主な
利用可能店舗
お米販売店、JA、スーパー、ドラッグストア、デパート など
☆公式サイト【 おこめ券取扱店舗検索
額面金額440円(1kg)
(旧券 520円・540円)
おつり(つり銭)店舗ごとのルール
有効期限なし
お米以外の
商品購入
店舗ごとのルール

 

コンビニでの利用について

コンビニエンスストアでは、唯一、ファミリーマートのお米販売店舗のみ、おこめ券の利用が可能です。

注意点は、購入できるのはお米のみでおつりがでない点

コンビニで、おこめ券が使えるだけでも良しとしなければならないのかもしれませんが、お米しか買えずおつりもでないのであれば、個人的には、わざわざ割高なコンビニで使う必要性を感じないのが正直なところです。

 

おつりについて

発行元である全米販のQ&Aを引用します。

基本的にはお釣りをもらうことはできません。
額面(1枚:440円)以上の商品とお引換え下さい。

引用元:よくあるご質問 | ごはん彩々(全米販)

おそらく、問い合わせの多い質問だと思われますので、発行元としては、「基本的には」もらえない、というしかないのもわかります。

ですが、おこめ券の取り扱いは、ほとんどお店側のルールに則って運用されており、おつりを出す出さないも自由にお店側が決めているのが実情です。

つまり、おつりを出すお店が多数存在するということです。中には、ファミリーマートのようにおつりは出さないルールにしているお店もありますが、私が現在利用しているお店や過去に利用したお店では、確実におつりをいただいてきました

ちなみに、先月(2019年3月)おつりをいただいたお店は、九州地盤のスーパー「サニー」というお店です。西友系のスーパーですが、福岡だけで60店舗あります。

おつりのもらい方については、この後の「おこめ券の使い方(お米以外での使い方)」の中で合わせてご紹介します。

 

有効期限について

有効期限はありません

おこめ券は、昭和58年から発行されていて、額面金額の異なる「520円券」や「540円券」も、かつては発行されていましたが、これまでに発行されたすべてのおこめ券が、今後も期限なしで利用できます

また、発行元の異なる全農の「おこめギフト券」についても同様です。

 

全農が発行する「おこめギフト券」について

もしかすると、存在自体をご存じないかもしれませんが、名前も見た目もそっくりな「おこめギフト券」という商品券が存在します。

こちらは、全農(全国農業協同組合連合会)が発行する商品券ですが、以下のリンクを試してみてください。

どちらも同じページ(全米販の店舗検索ページ)にたどり着くことが分かります。つまり、発行元や名前は違いますが、我々の使い方は全く同じであることを意味しています。

以前はなかったリンクなんですが、団体間で話し合いでも持たれたのでしょうか。いずれにしても使う側としてはわかりやすくなりました。

 

スポンサーリンク

おこめ券が使えるお店や使い方

使えるお店(おこめ券取扱店舗検索)

「おこめ券取扱店」のステッカー

おこめ券は、全国のお米取扱店、JA(農協)、スーパー、ドラッグストア、デパートなど、ほとんどのお米取扱店で利用できます。

※ファミリーマートのお米販売店でも利用可能。

お店によっては、画像のステッカーが掲示してあるところもありますが、あっても気付かないことの方が多いので、当てにしない方が無難です。

多店舗展開している有名ブランドをいくつかご紹介すると

  • スーパー:イオン、イトーヨーカドー、A-コープ、西友、マックスバリュ、ゆめタウン など
  • ドラッグストア:ウエルシア、サンドラッグ、セイムス、ディスカウントドラッグ コスモス など
  • その他:ドン・キホーテ

お店を探すには、おこめ券取扱店舗検索ページが便利です。個人的には、特定のお店を調べるなら、検索ページ下段の「フリーワード検索」が便利でした。

試しに、私がよくおこめ券を使う店舗、3店舗ほどを検索してみましたが、すべてヒット。Googleマップで場所も確認できますのでおすすめです。

 

おこめ券の使い方(お米以外での使い方)

レジでお米の購入のためにおこめ券を出す。これは説明不要ですね。

この記事では、おこめ券のお米以外での使い方を実体験をもとにご紹介します。

 

まず、おこめ券はお米以外の商品の購入にも使えます

ただし、「おつり」と同じようにお店ごとのルールが存在し、ネット上のどこを調べても、公式に「お米以外にも使えるお店はここですよ!」と明記されたサイトは存在しません。

最も確実な方法は、自分自身で、電話または実店舗等で確認することです。

 

ここで、私がおこめ券をよく利用するスーパー、「サニー」でのルールをご紹介します。

まず、購入商品の中にお米関連商品(もち米・玄米なども)がひとつでも入っていれば、おこめ券を何枚使っても良いそうです(限度はあるでしょうが限度が決まっているわけでもない)。

ここでポイントになるのが、おこめ券の額面440円/1枚(1kg)。いくつか例を挙げます。

  • 500円のお肉を購入⇒おこめ券は使えず
  • 500円のお肉と500円のお米を購入⇒おこめ券を2枚(880円分)と現金120円で清算
  • 500円のお肉と500円のお米を購入⇒おこめ券を3枚(1,320円分)出して320円のおつり
  • 500円のお肉と380円のお米を購入⇒おこめ券を3枚出しても1枚返されておつりなし
  • 500円のお肉と381円のお米を購入⇒おこめ券を3枚(1,320円分)出して439円のおつり
  • 500円のお米と5,000円分のお米以外の商品⇒おこめ券を13枚(5,720円分)出して220円のおつり

こんな感じのルールになっています。ただ、4万円以上の商品を買って、おこめ券を100枚出したらどうなるかわかりません。ルール変更のきっかけになってしまう可能性もあると思います。

 

また、人気が高そうな「ドン・キホーテ」での利用については、公式サイトのFAQに以下の記述があります。

ドン・キホーテのおこめ券に関するFAQ

引用元:ドン・キホーテ-FAQ

この記述では、お米を買わなければ使えないということはわかりますが、お米以外の商品も同時に会計できるのかどうかはわかりません。要確認です。

 

上記は、あくまでもスーパー1店舗に対する個人調査の内容です。利用の際は、必ずお店ごとにご自身でご確認ください。

 

おわりに

おこめ券は、利用する層としない層がはっきりと分かれる商品券です。

前者は、日常的にスーパーを利用される方。もっと積極的におこめ券を利用して節約につなげたいという場合はこちら。

【おこめ券】4つの購入方法。販売店や金券ショップなど、場所と価格を徹底解説。

【おこめ券】4つの購入方法。販売店や金券ショップなど、場所と価格を徹底解説。
おこめ券の4つの購入方法を、株主優待、販売店、金券ショップなどの購入場所と販売価格を合わせてご紹介しています。また、記事中のデータには、具体性を追求するために、私の個人実績やショップの実数を採用しています。

 

後者は、あまりスーパーを利用しない方。利用する機会がないから現金化したいという場合はこちら。

【おこめ券】4つの換金方法。換金率と買取相場を徹底調査。

【おこめ券】4つの換金方法。換金率と買取相場を徹底調査。
おこめ券の基本情報に加え、具体的な4つの換金方法、それぞれの換金方法における換金率と金券ショップの買取相場などをご紹介します。公開する数値は、延べ70枚のおこめ券、大手7社の金券ショップから算出しています。

 

出来れば、購入方法と換金方法、両方を把握しておくことが、「おこめ券」を使いこなして家計をレベルアップさせるための近道になると思います。

 

※記事内容は、2019年4月現在が基準になっています。最新情報は、各WEBサイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました