株主優待【全国共通おこめ券】の取得実績!スーパーで使える金券!

湯気の出ているあたたかいごはん一善

スポンサーリンク

はじめに

過去に、株主優待で「おこめ券」を取得したときの実績です。今後、読者の皆さまが、株主優待を取得するときの参考になると思います。

  • 期間:2013年3月~2016年3月
  • 優待取得回数:6回
  • 利用証券会社:クリック証券
  • 信用取引:制度信用取引(逆日歩あり)
  • 手数料・貸株料の算出方法:1銘柄あたりの平均

 

おこめ券」の参考記事です。合わせてご覧ください。

【おこめ券】使えるお店や使い方、額面金額、有効期限などを解説!
【おこめ券】はお米以外にも使用できる、ということを中心に、価値(額面金額)や期限、使い方や使えるお店、入手方法などをご紹介しています。2018年8月現在、約30社の株主優待品に採用されており、認知度に反して非常に利用価値の高い金券ですので、ぜひ一度、株主優待等での取得をご検討ください。

 

取得実績

2013年9月の実績① おこめ券3枚:1,320円相当

  • かかった費用…(手数料+貸株料:約220円)+(逆日歩:10円)=約230円
  • 1枚440円あたりの取得単価…約77円(成功)

2013年9月の実績② おこめ券2枚:880円相当

  • かかった費用…(手数料+貸株料:約220円)+(逆日歩:600円)=約820円
  • 1枚440円あたりの取得単価…約410円(ほぼ失敗)

2014年9月の実績 おこめ券3枚:1,320円相当

  • かかった費用…(手数料+貸株料:約250円)+(逆日歩:200円)=約450円
  • 1枚440円あたりの取得単価…約150円(成功)

2015年3月の実績① おこめ券3枚:1,320円相当

  • かかった費用…(手数料+貸株料:約260円)+(逆日歩:90円)=約350円
  • 1枚440円あたりの取得単価…約117円(成功)

2015年3月の実績② おこめ券3枚:1,320円相当

  • かかった費用…(手数料+貸株料:約260円)+(逆日歩:10円)=約270円
  • 1枚440円あたりの取得単価…約90円(成功)

2016年3月の実績 おこめ券6枚:2,640円相当

  • かかった費用…(手数料+貸株料:約240円)+(逆日歩:0円)=約240円
  • 1枚440円あたりの取得単価…約40円(成功)

 

上記「おこめ券」20枚分の取得実績

  • かかった費用…(手数料+貸株料:約1,450円)+(逆日歩:910円)=約2,360円
  • 1枚440円あたりの取得単価…約118円(原価率:26.8%

 

※個人の記録ですので、金額等に誤りがある可能性があります。 ※優待内容が変更になっている企業があります。 ※クリック証券では、手数料の改定が行われています。

 

スポンサーリンク

 

補足事項

逆日歩がそれほど発生してないのは、

  • 逆日歩が発生しそうなときは取得を断念している。
  • そもそも優待品が「おこめ券」の場合、逆日歩の発生が少ない。
  • 逆日歩が「1日分」の時だけしか優待取りをしていない。
  • 「おこめ券」2枚の優待は、取得を控えている。

などの理由があります。また、手数料に関しては、

  • およそ20社の優待を取得した時の平均であるため、1社あたりの費用を抑えることができている。
  • クリック証券では、手数料の改定があったので、現在同じことをした場合、かかる費用が増える可能性がある。

などの注意事項がありますので、あらかじめご了承ください。

 

おわりに

おこめ券は、逆日歩の発生状況から判断すると、同じ金券である「クオカード」や「図書カード」と比べて人気面で劣ることが考えられます。私の場合は、そこが優待品としての狙い目だと考えています。

おこめ券の大きなメリットは、お店のルールにもよりますが、

  • 全国のスーパーなどで、お米以外の支払いにも使えること。
  • おつりが出ること。
  • 必ず購入する「お米」の代金に使えること。

などです。これらのメリットがある限り、今後もおこめ券の優待取りを狙っていきたいと考えています。

 

こちらは「株主優待」に関する関連記事です。シリーズ【株主優待クロス取引】も合わせてご覧ください。

株主優待とは?優待品や優待クロス、権利日、現渡しについて解説!
株主優待は、企業の株主還元のひとつで、株主はさまざまな優待品を受け取ることができます。また、優待クロス取引を学ぶことによって、ほとんどリスクのない優待取りが可能です。この記事では、優待品、優待クロス取引、権利付最終日や権利落ち日、現渡しについて解説しています。
優待クロス取引に必要な信用取引口座、信用取引の知識について解説!
株主優待を株価変動リスク「ゼロ」で獲得するための「優待クロス取引」に、必ず必要となるものをご紹介しています。証券取引口座や信用取引口座開設時の注意点、必要となる信用取引の知識、2種類の取引の特徴や発生するコスト、最も注意を必要とする逆日歩に関してもご紹介します。
【優待クロス取引】当日のタイムテーブルと証券会社のコスト比較
株価変動リスク「ゼロ」で株主優待を獲得するためのタイムテーブルとして、権利付最終日や権利落ち日に行うことを時間つきで紹介しています。また証券会社のコスト比較シミュレーションを3社、2つのパターンで紹介しています。
【株主優待】逆日歩などの優待クロス取引のリスクを徹底解説!
「優待クロス取引」に関する解説シリーズの最終回です。さまざまなリスクへの対応策をご紹介しています。寄前気配の確認、逆日歩の計算、調べ方、避け方、現物と信用の注文ミス、成行での発注、売れる銘柄の探し方などをご紹介していますので、家計の節約のためにも是非マスターしてください。

 

コメント