【パイロットコーポレーション(7846)の株主優待】実用筆記具セット!クロス取引での取得方法とコストシミュレーション

パイロットコーポレーションの株主優待「実用筆記具セット」

引用元:パイロットCo.-株主通信

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パイロットコーポレーション(7846)の株主優待

パイロットコーポレーション(7846)の基本情報

コード7846銘柄名パイロットコーポレーション
権利確定
月日
12月末日権利付
最終日
2019年12月26日
単元株数100株株価4,670円
最低株数100株最低
投資金額
467,000円
優待内容実用筆記具セット
株主限定仕様筆記具
優待価値 
優待
利回り
1株配当45.00円配当
利回り
0.96%
貸借区分貸借優待配当
利回り
発行済
株式数
4,681万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年12月13日注意事項※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

パイロットコーポレーション(7846)の株主優待内容

2018年12月末現在の株主が対象。新製品を中心とした自社製品を株主優待品として送付。株主優待品は、所有の株式数により2種類を用意。

  • 100株以上
    • 実用筆記具セット
  • 1,000株以上
    • 株主限定仕様の特選筆記具
    • 実用筆記具セット

 

スポンサーリンク

パイロットコーポレーション(7846)の企業紹介

パイロットコーポレーション-ロゴ

引用元:パイロットCo.-株主通信

  • 商号:株式会社パイロットコーポレーション
  • 設立・上場:2002年
  • 本社:東京都 業種:その他製品
  • 創業は1918年(大正7年)。2002年に持株会社体制に移行。
  • 全世界で筆記具をはじめとしたステイショナリー用品等の製造・販売を行う企業。
  • 主要各国に販売会社を設立し、ほぼすべての国に代理店を設置。

 

パイロットコーポレーション(7846)の株主優待をクロス取引で取得する方法とコストシミュレーション

クロス取引の前に最低限の数値DATA等を把握

  • 直近の株価水準での最低投資金額はおよそ45万円
  • 貸借銘柄で制度クロスも可
  • 過去の100株あたりの逆日歩
    • 2016年12月…5日分:175円
    • 2017年12月…6日分:300円
    • 2018年12月…7日分:315円
    • 2019年12月…逆日歩7日分
  • 発行済株式数:約4,681万株
  • 一般信用売りの在庫(12月13日現在)
    • auカブコム証券:「長期」12.9万株
    • GMOクリック証券:「短期」上限200株
    • SBI証券:「短期」残りわずか
    • SMBC日興証券:なし
    • 楽天証券:なし

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • ネット証券各社に一般信用売りの在庫が豊富で、カブコムでは枯渇することなく基準日を通過する銘柄です。
  • 昨年2018年は、GMO・SBIでも在庫が解放されています。
  • 大きめの資金が必要なので、終盤のクロスが想定できる銘柄です。
  • 一点注意したいのは、昨年は、株価が6,000円に近かった点。

 

コストシミュレーションは、終盤のクロスを想定。

  • auカブコム証券では、12月16日約定分から、信用取引手数料、買方金利、売方貸株料、品受・品渡 事務手続き料が変更・新設されます。(商品概要/2019年12月13日以降更新)。
  • また、12月13日までに「買い」と「売り」の手数料を支払ってクロス取引を行い、同一銘柄の「現物株式」と「一般信用売建玉」を保有している場合でも、12月27日権利落ち日の品渡で、再度「事務手続き料」がかかるようです。
  • したがって、下記カブコムのコストシミュレーションは、以下の条件でコストを算出しています。
    • 12月16日以降の約定(信用手数料無料)
    • 約定代金10万円以下は現物買い(99円・金利なし・品受料なし)
    • 約定代金10万円超は一般信用買い(金利:3.79%・品受料あり)
      • 約定日当日に品受するので金利は1日分
    • 売りはすべて一般信用「長期」売り(貸株料率2.25%・品渡料あり)
      • 貸株日数分の貸株料が必要
    • 品受・品渡 事務手続き料は建玉金額による段階制

 

スポンサーリンク

 

  • GMOクリック証券・auカブコム証券 共通
    • クロス:「一般信用買い」×「一般信用(短期または長期)売り」+「クロス当日に買建玉を現引または品受
    • 12月27日の権利落ち日に現渡または品渡
    • GMO コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
    • カブコム コスト=品受料+品渡料+金利+貸株料
投資金額420,000円450,000円480,000円
証券会社GMOKcomGMOK.comGMOKcom
クロ
ス日
貸株
日数
一般一般一般一般一般一般
一般一般一般一般一般一般
12/927日分1,5931,6801,767
12/1026日分1,5491,6331,717
12/1125日分1,5051,5851,666
12/1222日分1,3721,4431,514
12/1321日分1,3271,3951,464
12/1620日分1,2839571,3489981,4131,038
12/1719日分1,2399321,3019701,3621,008
12/1818日分1,1949061,2539421,312978
12/1915日分1,0628281,1118591,160890
12/2014日分1,0178021,0638311,109860
12/2313日分9737761,0168031,058830
12/2412日分9297509687761,008801
12/2511日分884724921748957771
12/268日分751647778665805683

※数値は概算

【パイロットコーポレーション(7846)の株主優待】実用筆記具セット!まとめ

  • パイロットの株主優待は、100株で実用筆記具セット(2018年12月期実績)。
  • 一般信用売りの在庫が豊富で、カブコムは毎回枯渇しない。
  • 制度クロスも可能だが、毎年それなりの逆日歩が発生。
  • 株価は、昨年よりも大幅に下がっている(6,000円→4,000円)。

 

ちょうど、進級・入学のシーズンに優待品が届くのも取得意欲をそそられる要因です。

特に「ステイショナリーファン」というわけでもない私でさえも、この優待品には魅力を感じます。

 

おすすめ全銘柄一覧はこちら

【2019年】12月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!

人気ランキングはこちら

【12月 株主優待】人気ランキング(クロス取引編)

 

※記事内容は、2019年12月13日が基準となっています。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました