【CARTA HOLDINGS(3688)の株主優待】「ギフピー」ギフトコード!クロス取引での取得方法とコストシミュレーション。

ギフピー-TOP

引用元:ギフピー登録

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

CARTA HOLDINGS(3688)の株主優待情報

基本情報

コード3688銘柄名CARTA
HOLDINGS
権利確定
月日
6月末日・12月末日権利付
最終日
2019年12月26日
単元株数100株株価1,035円
株数100株最低
投資金額
103,500円
優待内容「ギフピー」
で利用可能な
ギフトコード
優待価値1,000円相当
優待
利回り
1.93%
1株配当16.00円配当
利回り
1.55%
貸借区分貸借優待配当
利回り
3.48%
発行済
株式数
2,540万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年9月20日注意事項※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

株主優待内容の詳細

毎年12月31日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主が対象。自社の連結子会社である株式会社 VOYAGE MARKETINGが提供するデジタルギフトサービス「ギフピー」において利用可能なギフトコード 1,000円相当を贈呈。

  • 100株以上:1,000円相当
  • ギフトコードは、「ギフピー」を通じて、Amazonギフト券やiTunesギフト等のデジタルギフトへと交換が可能。
  • また、現金、電子マネー、TポイントやSuicaポイント、ANAやJALのマイル等の様々なサービスへと交換することのできる、VOYAGE MARKETINGが運営するポイント交換プラットフォーム「PeX」のデジタルギフトへも交換可能。
  • 公式:ギフピー登録

 

スポンサーリンク

CARTA HOLDINGS(3688)の企業紹介

CARTA HOLDINGS-TOP

引用元:CARTA HOLDINGS-TOP

  • 設立:1999年 上場:2014年 本社:東京都 業種:情報・通信業
  • VOYAGE GROUPとサイバー・コミュニケーションズの経営統合で誕生した持株会社。
  • 主にインターネット広告関連事業を展開。
  • コンシューマー事業では、「ECナビ」「PeX」などのポイントメディア事業も。

 

一般信用でのクロス取引の方法とコストシミュレーションなど

クロス取引前に最低限の数値DATAを把握

  • 直近の株価水準での最低投資金額は10万円前後。
  • 貸借銘柄で制度クロスも可。
  • CARTA HOLDINGSの現在の株主優待内容は2019年6月期から。
    • 2019年6月…3日分:0円
    • 2019年12月…逆日歩7日分
  • 発行済株式数:約2,540万株
  • 一般信用売りの在庫は、9月19日現在、
    • カブドットコム証券:「長期」5,000株
    • GMOクリック証券:なし
    • SBI証券:なし
    • SMBC日興証券:なし

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 前回6月期、最終日直前に優待内容の変更が発表され、カブコムではすぐに高倍率になりました。もともと在庫が多くないのも影響しています。
  • 前回はGMOでも解放されています。SBIはチェック漏れで分かりません。
  • 価値は高くありませんが、使い道が豊富な優待なので、今後も人気化すると思われます。

 

  • コストシミュレーションは早めを意識して、利益が出始める水準から。

 

スポンサーリンク

 

  • GMOクリック証券
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(短期)売り」
    • 12月27日の権利落ち日に現渡
    • コスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料
  • カブドットコム証券
    • 10万円以下のクロス:「現物買い」×「一般信用(長期)売り」
    • 10万円超のクロス:「一般信用買い」×「一般信用(長期)売り」+「クロス当日に買建玉を品受
    • 12月27日の権利落ち日に品渡
    • 10万円以下のコスト:現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(+信用事務管理費)
    • 10万円超のコスト:信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料(+信用事務管理費)
      • 9/27~10/25のクロスは管理費200円(税別)
      • 10/28~11/26のクロスは管理費100円(税別)
投資金額90,000円110,000円130,000円
証券会社GMOKcomGMOKcomGMOKcom
クロ
ス日
貸株
日数
現物現物現物一般現物一般
一般一般一般一般一般一般
9/3097日分7779631,044
10/790日分7519311,007
10/1582日分721895964
10/2175日分695863927
10/2869日分563726785
11/561日分534690742
11/1155日分511663710
11/1848日分486631672
11/2541日分460600635
11/2640日分456595630
11/2739日分342481514
11/2836日分331467498
11/2935日分327463493
12/234日分324458488
12/333日分320454482
12/432日分316449477
12/529日分305436461
12/628日分302431456
12/927日分449298563426620450
12/1026日分440294552422607445
12/1125日分430290540417593439
12/1222日分402279505404552423
12/1321日分392276494399538418
12/1620日分383272482395524413
12/1719日分373268470390511407
12/1818日分364265459386497402
12/1915日分335253424372456386
12/2014日分326250412368442381
12/2313日分316246401363428375
12/2412日分307242389359415370
12/2511日分297239378354401365
12/268日分269228343341360349

※数値は概算

おわりに

今回の優待品は、若者に偏ってはいますが、性質としては何にでも使え、ひと手間かければ現金にさえ交換ができるという優れものです。

どのタイミングで動き出すのか注目しています。

 

おすすめ全銘柄一覧はこちら

【2019年】12月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!

人気ランキングはこちら

【12月 株主優待】人気ランキング(クロス取引編)

 

※記事内容は、2019年9月20日が基準となっています。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました