【CARTA HOLDINGS(3688)の株主優待】「ギフピー」ギフトコード!クロス取引での取得方法とコストシミュレーション

ギフピー-TOP

引用元:ギフピー登録

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

CARTA HOLDINGS(3688)の株主優待

CARTA HOLDINGS(3688)の基本情報

コード3688銘柄名CARTA HOLDINGS
権利確定
月日
6月末日・12月末日権利付
最終日
2019年12月26日
単元株数100株株価1,270円
株数100株最低
投資金額
127,000円
優待内容「ギフピー」
で利用可能な
ギフトコード
優待価値1,000円相当
優待
利回り
1.57%
1株配当16.00円配当
利回り
1.26%
貸借区分貸借優待配当
利回り
2.83%
発行済
株式数
2,540万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年12月13日注意事項※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

CARTA HOLDINGS(3688)の株主優待内容

毎年12月31日現在、100株以上保有の株主が対象。自社の連結子会社である株式会社 VOYAGE MARKETINGが提供するデジタルギフトサービス「ギフピー」において利用可能なギフトコード 1,000円相当を贈呈。

  • 100株以上:1,000円相当
  • ギフトコードは、「ギフピー」を通じて、Amazonギフト券やiTunesギフト等のデジタルギフトへと交換が可能。
  • また、現金、電子マネー、TポイントやSuicaポイント、ANAやJALのマイル等の様々なサービスへと交換することのできる、VOYAGE MARKETINGが運営するポイント交換プラットフォーム「PeX」のデジタルギフトへも交換可能。
  • 公式:ギフピー登録

 

スポンサーリンク

CARTA HOLDINGS(3688)の企業紹介

CARTA HOLDINGS-TOP

引用元:CARTA HOLDINGS-TOP

  • 商号:株式会社CARTA HOLDINGS
  • 設立:1999年 上場:2014年
  • 本社:東京都 業種:情報・通信業
  • VOYAGE GROUPとサイバー・コミュニケーションズの経営統合で誕生した持株会社。
  • 主にインターネット広告関連事業を展開。
  • コンシューマー事業では、「ECナビ」「PeX」などのポイントメディア事業も。

 

CARTA HOLDINGS(3688)の株主優待をクロス取引で取得する方法とコストシミュレーション

クロス取引の前に最低限の数値DATA等を把握

  • 直近の株価水準での最低投資金額は13万円前後
  • 貸借銘柄で制度クロスも可
  • CARTA HOLDINGSの現在の株主優待内容は2019年6月期から。
    • 2019年6月…3日分:0円
    • 2019年12月…逆日歩7日分
  • 発行済株式数:約2,540万株
  • 一般信用売りの在庫(12月13日現在)
    • auカブコム証券:なし
    • GMOクリック証券:なし
    • SBI証券:なし
    • SMBC日興証券:なし
    • 楽天証券:なし

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 前回6月期、最終日直前に優待内容の変更が発表され、カブコムではすぐに高倍率になりました。もともと在庫が多くないのも影響しています。
  • 前回はGMOでも解放されています。SBIはチェック漏れで分かりません。
  • 価値は高くありませんが、使い道が豊富な優待なので、今後も人気化すると思われます。

 

コストシミュレーションは早めを意識して、利益が出始める水準から。←直近の数字でやり直し

  • auカブコム証券では、12月16日約定分から、信用取引手数料、買方金利、売方貸株料、品受・品渡 事務手続き料が変更・新設されます。(商品概要/2019年12月13日以降更新)。
  • また、12月13日までに「買い」と「売り」の手数料を支払ってクロス取引を行い、同一銘柄の「現物株式」と「一般信用売建玉」を保有している場合でも、12月27日権利落ち日の品渡で、再度「事務手続き料」がかかるようです。
  • したがって、下記カブコムのコストシミュレーションは、以下の条件でコストを算出しています。
    • 12月16日以降の約定(信用手数料無料)
    • 約定代金10万円以下は現物買い(99円・金利なし・品受料なし)
    • 約定代金10万円超は一般信用買い(金利:3.79%・品受料あり)
      • 約定日当日に品受するので金利は1日分
    • 売りはすべて一般信用「長期」売り(貸株料率2.25%・品渡料あり)
      • 貸株日数分の貸株料が必要
    • 品受・品渡 事務手続き料は建玉金額による段階制

 

スポンサーリンク

 

  • GMOクリック証券
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(短期)売り」
    • 12月27日の権利落ち日に現渡
    • コスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料
  • auカブコム証券
    • クロス:「一般信用買い」×「一般信用(長期)売り」+「クロス当日に買建玉を品受
    • 12月27日の権利落ち日に品渡
    • コスト=品受料+品渡料+金利+貸株料
投資金額120,000円130,000円140,000円
証券会社GMOKcomGMOKcomGMOKcom
クロ
ス日
貸株
日数
現物一般現物一般現物一般
一般一般一般一般一般一般
12/927日分592620649
12/1026日分579607634
12/1125日分566593619
12/1222日分528552575
12/1321日分516538560
12/1620日分503456524470545483
12/1719日分490449511462531475
12/1818日分478442497454516466
12/1915日分440419456430472440
12/2014日分427412442422457431
12/2313日分415405428414442423
12/2412日分402397415406427414
12/2511日分389390401398412405
12/268日分351368360374368380

※数値は概算

【CARTA HOLDINGS(3688)の株主優待】「ギフピー」ギフトコード!まとめ

  • CARTA HOLDINGSの株主優待は、100株一律、デジタルギフトサービス「ギフピー」で使えるギフトコード1,000円相当。
  • Amazonギフト券やiTunesギフト等のデジタルギフトへと交換が可能。ポイントやマイルへの交換も可能。
  • 一般信用売りの在庫は少ない。
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。優待内容変更後間もないため、過去の逆日歩からは判断できない。

今回の優待品は、若者に偏ってはいますが、性質としては何にでも使え、ひと手間かければ現金にさえ交換ができるという優れものです。

どのタイミングで動き出すのか注目しています。

 

おすすめ全銘柄一覧はこちら

【2019年】12月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!

人気ランキングはこちら

【12月 株主優待】人気ランキング(クロス取引編)

 

※記事内容は、2019年12月13日が基準となっています。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました